「第40回 東北ジュニアテニス選手権大会 兼 平成30年度 全日本ジュニアテニス選手権大会 東北予選会」(岩手県八幡平市・安比高原テニスクラブ/7月13~17日/ハードコート)が開催され、12歳以下の優勝者が出揃った。

 男子シングルス決勝は第1シードの五十嵐涼太(宮城/ウイニングショット)が第6シードの三浦陽(青森/リベロSC)を6-3 6-3で、女子シングルス決勝は第1シードの石澤萌々子(山形/ITSベルズ)が第5シードの本間遥(岩手/クレイルTA)を7-6(3) 6-0で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第3シードの城義弥(宮城/ウイニングショット)/五十嵐が第2シードの三浦怜央/佐藤颯基(宮城:More-Tennis/泉パークタウン)を6-3 3-6 [13-11]で、トップ2シードの対戦となった女子ダブルス決勝は第2シードの石澤/原田えりな(山形/イラコTC山形)が第1シードの大山藍/小堀歩乃佳(宮城:R-PROJECT)を7-5 3-6 [10-5]で倒してタイトルを獲得。五十嵐と石澤は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果|12歳以下

男子シングルス決勝

○1五十嵐涼太(宮城/ウイニングショット)[1] 6-3 6-3 ●17三浦陽(青森/リベロSC)[6]

男子シングルス準決勝

○1五十嵐涼太(宮城/ウイニングショット)[1] 6-2 6-4 ●11金桜汰(岩手/岩手中)

○17三浦陽(青森/リベロSC)[6] 6-1 6-3 ●32島村晃登(福島/ア・パース)[2]

男子シングルス準々決勝

○1五十嵐涼太(宮城/ウイニングショット)[1] 6-1 6-1 ●5五十嵐昊也(宮城/ウイニングショット)

○11金桜汰(岩手/岩手中)6-4 6-4 ●14根本陽生(福島/More-Tennis)

○17三浦陽(青森/リベロSC)[6] 6-4 2-6 6-4 ●24佐藤颯基(宮城/泉パークタウン)[3]

○32島村晃登(福島/ア・パース)[2] 6-1 6-0 ●25城義弥(宮城/ウイニングショット)[7]

女子シングルス決勝

○1石澤萌々子(山形/ITSベルズ)[1] 7-6(3) 6-0 ●17本間遥(岩手/クレイルTA)[5]

女子シングルス準決勝

○1石澤萌々子(山形/ITSベルズ)[1] 6-2 6-1 ●9鈴木梨愛(宮城/ウイニングショット)[3]

○17本間遥(岩手/クレイルTA)[5] 6-3 6-1 ●32大山藍(宮城/R-PROJECT)[2]

女子シングルス準々決勝

○1石澤萌々子(山形/ITSベルズ)[1] 6-1 6-2 ●8下杉海寧(宮城/泉パークタウン)[7]

○9鈴木梨愛(宮城/ウイニングショット)[3] 6-2 4-6 6-3 ●16雪谷麻紗(宮城/ウイニングショット)[8]

○17本間遥(岩手/クレイルTA)[5] 7-5 6-2 ●24小堀歩乃佳(宮城/R-PROJECT)

○32大山藍(宮城/R-PROJECT)[2] 5-7 6-3 6-2 ●25石田惺子(青森/青森JTAC)[6]

男子ダブルス決勝

○5城義弥/五十嵐涼太(宮城:ウイニングショット)[3] 6-3 3-6 [13-11] ●16三浦怜央/佐藤颯基(宮城:More-Tennis/泉パークタウン)[2]

男子ダブルス準決勝

○5城義弥/五十嵐涼太(宮城:ウイニングショット)[3] 6-4 7-5 ●1島村晃登/根本陽生(福島:ア・パース/More-Tennis)[1]

○16三浦怜央/佐藤颯基(宮城:More-Tennis/泉パークタウン)[2] 6-2 6-3 ●11三浦陽/西谷悠(青森:リベロSC)

女子ダブルス決勝

○16石澤萌々子/原田えりな(山形:ITSベルズ/イラコTC山形)[2] 7-5 3-6 [10-5] ●1大山藍/小堀歩乃佳(宮城:R-PROJECT)[1]

女子ダブルス準決勝

○1大山藍/小堀歩乃佳(宮城:R-PROJECT)[1] 6-0 6-1 ●8阿部由依菜/渡邊なな(山形:近江TC/TTJ)

○16石澤萌々子/原田えりな(山形:ITSベルズ/イラコTC山形)[2] 7-6(6) 6-2 ●12鈴木梨愛/雪谷麻紗(宮城:ウイニングショット)[3]

※写真は12歳以下シングルス優勝の五十嵐涼太(宮城/ウイニングショット:左)と石澤萌々子(山形/ITSベルズ:右)
写真提供◎岩手県テニス協会

This article is a sponsored article by
''.