第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の初日は、男女団体の1、2回戦が行われ、それぞれベスト16が決まった。

 女子の1、2回戦は四日市ドーム12面と三滝テニスコート8面を使って試合が行われた。

 初出場4校のうち3回戦に駒を進めたのは2校。シードで2回戦から登場した札幌啓成(北海道)は登美ケ丘(奈良)にオールストレート勝ち。1回戦から出場の浦和麗明(埼玉)は静岡市立(静岡)と岡山学芸館(岡山)をともに2勝1敗で破り、初出場で16強入りを決めた。

 浦和麗明は2戦とも1勝1敗からS2の山田悠理が勝利。自分のできることをしっかりやろうと心掛けた山田は、自信があるフットワークで粘り、巡ってきたチャンスを見事に仕留めた。「ここで満足してはいけないが、今日はみんなの期待に応えられてうれしい」と自然と笑みもこぼれた。

 7年ぶり2度目のインターハイを地元開催で迎えた津商業(三重)。惜しくも2回戦敗退に終わったが、初戦の共愛学園(群馬)戦では、S2対決で中川桃が4-7から脅威の粘りを見せて逆転勝ち。高校選抜に続いてインターハイでも全国での1勝を手にし、学校のスローガン「全力★津商」を披露した。

画像: 津商業の中川はラケットすべてのストリングを切ってしまうほどパワフルなストロークが魅力

津商業の中川はラケットすべてのストリングを切ってしまうほどパワフルなストロークが魅力

 上位シード4校は2回戦から登場し、揃って白星スタートを飾った。春夏連覇がかかる相生学院(兵庫)は湘南工大附(神奈川)に2勝1敗と勝利。S1対決を落とすも田中菜冴美/古賀麻尋のダブルス、中島美夢がS2対決を制して3回戦に進出を決めた。

 前回王者の四日市商(三重)は九州文化学園(長崎)を、選抜ベスト4の白鵬女子(神奈川)も宮崎商(宮崎)に3勝0敗で次のラウンドへ。9年ぶりの日本一を目指す仁愛女子(福井)も地元の津商業に全勝して好スタートを切った。

画像: 2年ぶりのインターハイ出場となった白鵬女子は全勝スタート

2年ぶりのインターハイ出場となった白鵬女子は全勝スタート

 大会2日目となる8月3日は男女団体の3回戦、準々決勝が行われる。3回戦は8ゲームマッチで、準々決勝からは3セットマッチの戦いとなる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎中野恵太)

写真◎小山真司、BBM

※トップ写真は、初出場で3回戦進出を決めた浦和麗明メンバー

This article is a sponsored article by
''.