第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/四日市ドーム、霞ヶ浦テニスコート、三滝テニスコート)の競技3日目、8月4日は男女団体準決勝、決勝が行われ、女子団体決勝は相生学院(兵庫)が仁愛女子(福井)を2勝0敗で破り、3年ぶり2度目のインターハイ優勝を遂げた。両校は春のセンバツも決勝を争っており、いずれも相生学院の優勝となった。

 仁愛女子は、9年ぶり3度目のインターハイ優勝を目指していた。

 決勝は3試合(ダブルス、シングルス1、シングルス2)が同時に始まり、相生学院のS2中島美夢3年が1勝目を挙げた。その後、S1とダブルスは相生学院がセットを先取したあと、仁愛女子が追い上げて接戦となった。優勝を決めたのは相生学院のS1伊藤さつき3年で、第2セットは7-5だった。ダブルスは仁愛女子の吉田華菜子2年/吉田朋夏2年がセットオールに持ち込んだところだった。

女子団体決勝

1相生学院(兵庫) 2-0 51仁愛女子(福井)
D1 田中菜冴美③/古賀麻尋③ 6-2 6-7(2) 打切り 吉田華菜子②/吉田朋夏②
S1 ◯伊藤さつき③ 6-2 7-5 ●押川千夏③
S2 ◯中島美夢③ 6-3 6-2 ●溝口英蘭③

This article is a sponsored article by
''.