第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/四日市ドーム、霞ヶ浦テニスコート、三滝テニスコート)の競技4日目、8月5日は男子個人シングルス1〜4回戦、女子個人ダブルス1回戦〜準々決勝(3回戦)が行われた。会場は男子が霞ヶ浦テニスコート、女子は四日市ドーム。

 女子ダブルスは64ドロー。1~3回戦と準々決勝を勝ち抜いた4組が明後日に行われる準決勝に駒を進めた。

 4強一番乗りは相生学院の伊藤さつき/中島美夢だった。日本一に輝いた団体戦5試合の疲れをものともせず、1回戦から準々決勝まで8-0、8-2、8-3、8-4と快勝。3回戦は阿部宏美/安井愛乃(愛知啓成)、4回戦では昨年のダブルス準優勝ペアの吉岡希紗/原田真実子(四日市商)を連破した。「今までで一番いいプレーができた」と伊藤も満足の試合内容だった。パートナーの中島とともに3冠の可能性も残している。

画像: タフな相手を連破して勝ち上がった中島(左)/伊藤 写真◎小山真司

タフな相手を連破して勝ち上がった中島(左)/伊藤 写真◎小山真司

 その相生ペアと準決勝で対戦するのが山口みやび/宗和南波(野田学園)。荒武芽菜/渡辺栞凪(宮崎商)との2回戦は9-8(4)と競り勝ち、3回戦は鈴木美結/山﨑京花(浦和学院)に8-5を下し、準々決勝は西郷里奈/進藤万里依(秀明八千代)から逆転勝ちを収めて関東の強豪ペアを連続で退けた。

画像: 勝ち進むごとに視野の広いプレーが光った宗和(左)/山口 写真◎小山真司

勝ち進むごとに視野の広いプレーが光った宗和(左)/山口 写真◎小山真司

 ベスト4に勝ち残ったペアの中で4試合の総失ゲーム数が少なかったのが石川琴実/野口綾那だった。白鵬のNo.1、2コンビは8-1、8-3、8-3、8-1と8ゲームしか相手に奪われない完璧な出来で一気にベスト4入り。強豪ひしめく関東大会を制した実力を、全国の舞台でも存分に発揮した。

画像: 女子ダブルスは4強が決定 [東海インターハイ]

 最後の一枠に滑り込んだのが、ノーシードから勝ち上がった矢﨑梓紗/足立理帆(山村学園)。1回戦の竹本萌乃/喜田若菜(高松北)を8-5で破ったことで一気に波に乗った。この春から組み始めたふたりは4強入りに「めっちゃうれしい。本当にびっくりです」と満面の笑みがこぼれる。

 この大会の目標は「出場ペアの中で一番楽しむこと」。思う存分楽しんだ結果、全国4強までたどり着いた。準決勝以降も「チャレンジャーなので楽しむしかない」と矢﨑が言えば、足立も「力を出し切れば結果もついてくる。全力で頑張りたい」と力強く語った。

画像: 準々決勝後に笑顔となる足立(左)/矢﨑 写真◎小山真司

準々決勝後に笑顔となる足立(左)/矢﨑 写真◎小山真司

 大会5日目となる8月6日は、女子は個人戦シングルスの1~4回戦が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われる。試合開始時間は9時を予定。会場は四日市ドームと三滝テニスコートとなっている。

(編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、準々決勝に勝利した瞬間の矢﨑梓紗(左)/足立理帆(山村学園)

This article is a sponsored article by
''.