8月1日の開会式から始まった東海インターハイも今日で最終日。男子シングルスの頂点には白石光(秀明八千代)が立ち、男子ダブルスは白石光/坂川広樹(秀明八千代)が優勝しました。白石は3冠を達成。最終日の激闘の様子、入賞者をご覧ください。来年は宮崎でお会いしましょう!

※トップ写真は、準優勝の丸山隼弥(相生学院)

写真◎小山真司

※東海インターハイの熱戦の模様は、8月21日発売の「テニスマガジン10月号」でも紹介します。

This article is a sponsored article by
''.