「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '18 supported by NISSHINBO」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会9日目は、靱会場でU18のシングルス&ダブルス準決勝およびU16、U14、U12の単複決勝が行われた。

 U16男子は第1シードの三井駿介(東海/アクトスポーツクラブ)が第16シードの磯村志(中国/やすいそ庭球部)に6-1 6-4で勝利。4年前にU12を制して以来の全日本タイトルで、間仲啓(関東/秀明英光高)と組んだダブルスも決勝で七尾岳俊/小川智裕(九州:柳川高)に6-4 6-1で勝利し、単複2冠を達成した。

     ◇     ◇     ◇

 U16は第1シードの三井が勝つべくして勝った------ように見えるが、実は苦しい1週間だった。大会前に股関節を痛め、前日には脚にケイレンを起こしていた。

 決勝の相手は、こまでセットを落とさず勝ち上がってきた磯村。三井に対して、「いつでもパターンを変えて、いろんなことをやってくるので、そのへんが嫌」と話す。

 実際、三井も「苦手なショットがない」と自身を評価する。今年はサービスの向上に取り組み、スピードや回転量などが増した。そうした強みを発揮し、第1セットは2ブレークに成功して6-1。シーソーゲームとなった第2セットは、5-4の第10ゲームをブレークして締めくくった。

 1日10時間という膨大な練習量で課題に取り組み、自信をつけた16歳の、4年ぶりの全日本ジュニア制覇だった。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は16歳以下男子シングルス決勝で対戦した三井駿介(東海/アクトスポーツクラブ:左)と磯村志(中国/やすいそ庭球部:右)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.