広島県の広島広域公園テニスコートで開催されている「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦)、通称「全中」の競技2日目は、男女団体準々決勝、準決勝、決勝が行われた。

 男子は3〜4シードの浪速(大阪)が、5〜8シードの日本大学第三(東京)を3勝1敗で下し、3年連続3回目の全中出場で初優勝を飾った。1996年大会優勝校の日大三は、22年ぶりの決勝の舞台で2度目の優勝を目指していた。

 また、女子はトップ2シードが決勝に進み、第1シードの城南学園(大阪)が第2シードの桐光学園(神奈川)を3勝1敗で破り、2年ぶり5度目の優勝(2007、2008、2015、2016年)を果たした。昨年ベスト4だった桐光学園は一つ成績を上げた準優勝だった。

※校名の左数字はドロー番号、[ ] 数字はシード順位、丸数字は学年。

男子団体決勝

9浪速(大阪)[3-4] 3-1 25日本大学第三(東京)[5-8]

D2 ◯羽田峻也③/向井晃太③ 8-1 ●山田大起③/伊藤大志②
D1 ◯遊川大和①/松田稔生② 8-4 ●吉村玲音③/勝野太地③
S3 ●永山寛基② 5-8 ◯勝田 匠③
S2 ◯小嶋修史③ 8-6 ●岡部悠希③
S1 松田幹生② 2-4 打切り 松岡玲央①

女子団体決勝

1城南学園(大阪)[1] 3-1 32桐光学園(神奈川)[2]

D2 ◯末廣 茜②/入江夏生② 9-8(2) ●五十嵐美春②/石倉綸々日②
D1 ●中村 陽②/畭 凛花① 6-8 ◯太田貴子①/坂口依澄①
S3 ◯山口花音③ 8-5 ●辻内未海①
S2 ◯田邑来未② 8-5 ●細田佑海③
S1 武本萌衣③ 7-1 打切り 小野澤美優②

※写真は浪速中の初優勝を決めたS2小嶋修史と、濱田渉監督

This article is a sponsored article by
''.