「第45回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/広島広域公園テニスコート)、通称「全中」の競技6日目(最終日)は、男女シングルス決勝、男女ダブルス決勝が行われた。

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。シングルスは準決勝より3セットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後、タイブレーク・システム)。ダブルスは準決勝より3セットマッチ(1セットオール後、10ポイントのマッチタイブレーク)。ダブルスのペアは同一中学校であること。セットブレークルール採用。

 以下の名前の左数字はドロー番号、丸数字は学年、[ ] 数字はシード順位。※この記録は速報です。完全記録は全試合終了後に配信します。

男子シングルス決勝

●1小泉熙毅③(埼玉・新座市立新座)[1] 3-6 3-6 ◯33有本響③(神奈川・川崎市立有馬)[5-8]

女子シングルス決勝

◯1中川由羅③(神奈川・横浜市立中川)[1] 7-5 6-1 ●59中島玲亜③(岡山・倉敷市立児島)

男子ダブルス決勝

●1鹿川湧生③/福島奎汰③ (東京・江東区立深川第三)[1] 1-6 4-6 ◯21奥地佑都③/三木琢慈③(愛知・名古屋経済大学市邨)

女子ダブルス決勝

◯11奥野柚来③/高山揺①(奈良・生駒市立上)2-6 7-5 [11-9] ●32金子さら紗③/内島舞子③(東京・小平市立小平第二)[2]

(写真◎BBM)

This article is a sponsored article by
''.