「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が2011年覇者のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を6-3 6-2で下し、初戦を突破した。試合時間は1時間24分。

 全米に12年連続出場となるウォズニアッキは、過去2度の準優勝(2009年、14年)がこれまでの最高成績。昨年は2回戦で、エカテリーナ・マカロワ(ロシア)に2-6 7-6(5) 1-6で敗れていた。1月にはオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で、初のグランドスラム制覇を果たしている。

 ウォズニアッキは2回戦で、アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)を6-3 6-2で破って勝ち上がったレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)と対戦する。

 そのほかの試合では、第5シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、第10シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、前哨戦のシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)で優勝を果たした第13シードのキキ・バーテンズ(オランダ)、第20シードの大坂なおみ(日清食品)らが2回戦に駒を進めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

女子シングルス1回戦|主な試合結果

○77テイラー・タウンゼント(アメリカ)3-6 6-4 6-3 ●78アマンダ・アニシモワ(アメリカ)[WC]

○80エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[10] 6-4 4-6 7-5 ●79アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)

○94ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)4-6 6-3 6-2 ●93アリゼ・コルネ(フランス)

○97ペトラ・クビトバ(チェコ)[5] 6-1 6-4 ●98ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)

○99ワン・ヤファン(中国)6-1 3-6 6-4 ●100アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)

------

○105大坂なおみ(日本/日清食品)[20] 6-3 6-2 ●106ラウラ・シグムンド(ドイツ)

○108ユリア・グルシュコ(イスラエル)[Q] 3-6 7-5 6-4 ●107モニカ・ニクレスク(ルーマニア)

○113キキ・バーテンズ(オランダ)[13] 6-0 7-5 ●114クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)

○126レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)6-3 6-2 ●125アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)

○128カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[2] 6-3 6-2 ●127サマンサ・ストーサー(オーストラリア)

※写真はカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
NEW YORK, NY - AUGUST 28: Caroline Wozniacki of Denmark returns the ball during her women's singles first round match against Samantha Stosur of Australia on Day Two of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.