「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の大会11日目、ジュニアの部の本戦5日目は男女シングルス3回戦が行われた。

 女子シングルスの日本勢は、第9シードの佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)が第5シードのキャティ・マクナリー(アメリカ)を7-5 6-4で下してベスト8進出を決めたが、内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)は第4シードのマリア カメリア・オソリオ セラーノ(コロンビア)に6-3 2-6 4-6で敗れた。

 全米ジュニアに2年連続出場となる佐藤は、初出場だった昨年の大会でベスト16に進出。グランドスラム・ジュニアでは、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続く8強入りを果たした。

 佐藤は準々決勝で、第3シードのワン・シユ(中国)と第16シードのリア・マー(アメリカ)の勝者と対戦する。

 男子シングルス3回戦では、市川泰誠(A&F)が第4シードのニコラス・メヒア(コロンビア)と対戦したが、第3セット途中で降雨により中断し、翌日に順延となった。

 また、予定されていた男女ダブルス準々決勝は中止となった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、SEはスペシャル・イグザンプト

ジュニア男子シングルス3回戦|日本人選手

22市川泰誠(A&F)[SE] 3-6 7-5 1-2 順延 17ニコラス・メヒア(コロンビア)[4]

ジュニア女子シングルス3回戦|日本人選手

○25佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[9] 7-5 6-4 ●32キャティ・マクナリー(アメリカ)[5]

●43内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)6-3 2-6 4-6 ○48マリア カメリア・オソリオ セラーノ(コロンビア)[4]

ジュニア女子ダブルス準決勝 組み合わせ|日本人選手

24アレクサ・ノエル/佐藤南帆(アメリカ/有明ジュニアテニスアカデミー)[3] vs 20クロエ・ベック/エマ・ナバロ(アメリカ)[WC]

16ガーランド・ジョアンナ/内島萌夏(台湾/昭和の森ジュニアテニススクール)[5] vs 11セルマ ステファニア・カダル/ビクトリヤ・カナパツカヤ(ルーマニア/ベラルーシ)

27佐藤久真莉/ジェン・チンウェン(台湾/中国)vs 30ハイレイ・バプティスト/ダレイナ・ヒューイット(アメリカ)

画像: 内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)(撮影◎毛受亮介)

内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)(撮影◎毛受亮介)

画像: 市川泰誠(A&F)(撮影◎毛受亮介)

市川泰誠(A&F)(撮影◎毛受亮介)

※トップ写真は佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.