ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「WOMEN'S CIRCUIT GS YUASA OPEN」(京都府京都市・ハンナリーズアリーナ:京都市体育館/本戦9月4~8日/賞金総額1.5万ドル/室内カーペットコート)は最終日を迎え、単複の決勝が行われた。

 日本人同士の対戦となったシングルス決勝は、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した坂詰姫野(Team YUKA)が第1シードの荒川晴菜(フリー)を3-6 6-3 6-1で下して優勝を果たした。試合時間は1時間49分。

 8月の全日本ジュニア18歳以下を制した17歳の坂詰は、ITF女子サーキットは5大会目の参戦で初のタイトルを獲得した。

 今大会での坂詰は、1回戦で長谷川茉美(伊予銀行)を6-3 6-4で、2回戦で第7シードの西本恵(島津製作所)を4-6 6-3 7-5で、準々決勝で予選勝者の西郷里奈(志津テニスクラブ)を6-1 6-3で、準決勝では第4シードのトーリ・キナード(アメリカ)を6-1 7-5で破って決勝進出を決めていた。

 昨年4月にプロに転向した18歳の荒川は、ITF女子サーキットのシングルスで3度目の決勝だったが初優勝はならず。京都では2016年にも最終日まで勝ち残ったが、宮村美紀(フリー)に敗れて準優勝に終わっていた。

 4強を日本人ペアが独占したダブルスの決勝は、清水千夏(フリー)/首藤みなみ(スポーツクリエイト)がワイルドカードの中島美夢(相生学院高等学校)/西郷里奈(志津テニスクラブ)を6-2 6-4で倒して大会を制した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス決勝

○28坂詰姫野(Team YUKA)[WC] 3-6 6-3 6-1 ●1荒川晴菜(フリー)[1]

ダブルス決勝

○8清水千夏/首藤みなみ(フリー/スポーツクリエイト)6-2 6-4 ●13中島美夢/西郷里奈(相生学院高等学校/志津テニスクラブ)[WC]

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.