男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ準決勝「フランス対スペイン」(9月14~16日/フランス・リール/室内ハードコート)。

 ブノワ・ペール(フランス)はデビスカップへの初招集を受け、スペインに対する準決勝に臨むチームの一員となることになった。

 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)とガエル・モンフィス(フランス)が故障のため不在という状況の中、フランス代表監督のヤニック・ノア(フランス)は世界ランク56位のペールを選んだ。ペールは、気が短くラケットを叩き折ることで知られるが、間違いなく才能に恵まれた選手だ。

 ノアは、ペールから出場したい意向を受け取ったことを明かした。また、彼がやる気に満ち、チームにコミットしているとも言い添えた。

「彼は、デビスカップが来年から死んでしまうがゆえに、今年の大会でプレーしたいと願っている」とノアは言った。デビスカップが新方式に移行することが決まった日、変更に反対だったノア監督は、大きな失望を公言していた。

「我々は、ラファエル・ナダル(スペイン)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を主力とするチームと対戦することを予想している。この背景の中、ブノワの存在は、非常に有益であり得る」とノア監督は言った。

 ノア監督はまた、9月14日から16日にかけてリールで行われるこの対戦のため、ルカ・プイユ(フランス)とリシャール・ガスケ(フランス)、そしてダブルス要員として、ニコラ・マウ(フランス)とジュリアン・ベネトー(フランス)も招集した。アドリアン・マナリノ(フランス)は、補欠としてチーム入りした。

 ペールはここまで、フランス・テニス連盟(FFT)と緊迫した関係に置かれていた。2年前、リオ五輪に出場したペールは、彼が『チームのルール』に違反したと責めたFFTにより、代表から外されていた。報道によれば、ペールは選手村を離れて外出し、夜遅くに帰ってきたのだという。ペールはまたその際に、ランキング・ポイントがないという理由から、オリンピックの重要性について軽蔑的な発言を残していた。

 彼の短気な性格について、またそれがチームの団結に問題を生み出すとは考えないか、と尋ねられたノア監督は、自分は、そのことよりもナダルの調子の方を懸念している、と答えた。

「あの左利きのスペイン人が、何よりも私を心配させている」とノア監督は言った。

「彼はタフだ。彼の精神は、鉄でできている」

 フランス人プレーヤーたちが、USオープンで残念な結果に終わった一方で、ナダルは当然のように大会の2週目に勝ち進んだ。彼は今年のフレンチ・オープンで、グランドスラム通算17勝目となる11度目の優勝を果たし、シーズンを通して素晴らしい調子を見せてきた。プイユとガスケはフラッシングメドウの3回戦で敗退し、ペールは2回戦でロジャー・フェデラー(スイス)にストレートで敗れていた。

「選手たちは、すでに過ぎたことを振り返りたいとは思っていない。彼らは今、自信を取り戻すための好機を手にしている。この対戦に勝ち、決勝に向け準備を整えるためのチャンスを」とノア監督は言った。

 試合は2万7500人収容可能なピエール・モロワ・スタジアムで、屋根を閉じた状態で行われる。フランスは昨年、同じ会場でベルギーを3勝2敗で下し、10度目のデビスカップ優勝を遂げていた。

 一方、USオープン敗退後に引退していたベネトーは、わずか4日で復帰することになった。彼にとって最後のデビスカップのはずだった昨年のデ杯決勝で、直前でダブルスのメンバーから外されたベネトーが、観客席で国家を聞きながら涙を流した話は有名だ。

 ノア監督は、ダブルス要員の第一候補がピエール ユーグ・エルベール(フランス)だったことを認めたうえで、エルベールの故障の事実を告げ、「こうなったのは、運命が彼を導いたのかもしれない。彼(ベネトー)はふたたび、このコートでプレーする可能性を手にすることになった」と話した

 一方のベネトーは「母国でデビスカップ準決勝を戦うチャンスを得たということは、とてつもないことだ。信じられない、予想外のことだ。僕は常に、もし僕を引退から引き戻したり、キャリアを延長させるものがあるとしたら、それはデビスカップだと言っていたんだ」と言って、喜びを露わにした。

 もうひとつの準決勝では、クロアチアがアメリカを迎え撃つことになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はUSオープンでのブノワ・ペール(フランス)
NEW YORK, NY - AUGUST 30: Benoit Paire of France walks out prior to his men's singles second round match against Roger Federer of Switzerland on Day Four of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 30, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.