男子テニスの世界国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ準決勝「クロアチア対アメリカ」(9月14~16日/クロアチア・ザダル/クレーコート)。

 クロアチアは日曜日に、8時間にわたる死闘を繰り広げた末、まさにぎりぎりの状況で決勝進出を決めた。

 勝負がかかった第5試合のシングルスで、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)は非常に混乱したこの準決勝の戦いをセットカウント1-2から巻き返し、フランシス・ティアフォー(アメリカ)を6-7(0) 6-1 6-7(11) 6-1 6-3で破ってアメリカの“怒涛のカムバック”に終止符を打った。

 2度目のデ杯タイトルを目指すクロアチアは、11月23日から25日に行われる決勝で前年度覇者フランスのもとを訪れることになった。

 この試合に先立つ第4試合のシングルスでは、代役のサム・クエリー(アメリカ)が深い穴から這い上がる挽回劇を演じて、アメリカの命をつないだ。スティーブ・ジョンソン(アメリカ)に代わってプレーしたクエリーは、世界6位のマリン・チリッチ(クロアチア)を6-7(2) 7-6(6) 6-3 6-4で破り、アメリカが2勝2敗に追いついたのだ。

 チリッチとチョリッチは金曜日の第1試合、第2試合のシングルスにストレート勝ちし、クロアチアが2勝0敗とリードしていた。

 しかし、土曜日の第3試合のダブルスで、マイク・ブライアン/ライアン・ハリソン(アメリカ)がイバン・ドディグ/マテ・パビッチ(クロアチア)を第5セットのタイブレークで勝利が決まる5時間超の死闘の末に破って、アメリカが挽回劇を始めた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は決勝進出を決めたクロアチア・チーム。右からボルナ・チョリッチ、マリン・チリッチ、イバン・ドディグ、マテ・パビッチ
ZADAR, CROATIA - SEPTEMBER 16: Mate Pavic, Ivan Dodik, Marin Cilic and Borna Coric of Croatia celebrate victory after day three of the Davis Cup World Group semi final single match between Croatia and USA at Visnjik sport center on September 16, 2018 in Zadar, Croatia. (Photo by Srdjan Stevanovic/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.