「広州オープン」(WTAインターナショナル/中国・広州/本戦9月17~22日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、サビーネ・リシツキ(ドイツ)がベラ・ズボナレワ(ロシア)を6-4 6-2で下し、2月以来となるWTAレベルでの勝利をおさめた。

 リシツキは2013年ウインブルドンのファイナリストで、一方のズボナレワも2010年ウインブルドンとUSオープンの準優勝者だ。

 28歳のリシツキは最初のサービスゲームを落としながら、すぐに挽回して4-1とリード。しかし、34歳のズボナレワは12ポイントを連取して4-4と追いついた。

 だがリシツキは、そこから自分のサービスをキープして、次のゲームをブレークすることで第1セットを取った。

 彼女は第2セット序盤のブレークからもふたたび挽回し、試合の終わりでは相手を圧倒、ストレート勝ちで2回戦へ駒を進めた。彼女は次に第5シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)と対戦する。プティンセバはサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を6-1 6-1で下した。

 リシツキの現在の世界ランキングは227位、過去には最高で12位を記録している。

 そのほかに行われた1回戦では、ベルナルダ・ペラ(アメリカ)がマグダレナ・フレッヒ(ポーランド)を7-6(3) 6-1で倒した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はサビーネ・リシツキ(ドイツ)、6月のウインブルドン予選で撮影
LONDON, ENGLAND - JUNE 26: Sabine Lisicki of Germany serves reacts Anna Kalinskaya of Russia during Wimbledon Championships Qualifying - Day 2 at The Bank of England Sports Centre on June 26, 2018 in London, England. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.