ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月17~23日/賞金総額115 万1110ドル/室内ハードコート)のシングルス2回戦で、スタン・ワウリンカ(スイス)は第4シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に対する大奮闘の末の勝利によって準々決勝進出を決め、故障からのカムバックの過程を継続させた。

 各セットで2つのセットポイントをしのいだワウリンカは、第4シードのハチャノフを7-6(10) 7-6(1)で下した。ハチャノフは現在24位と、ランキング的にはワウリンカより64位上にいる。

 ワウリンカの準々決勝の相手は、前年度覇者のダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)かギド・ペラ(アルゼンチン)だ。

 また、やはり水曜日に行われた1回戦では、第5シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)が予選勝者のルカ・ヴァンニ(イタリア)を7-5 6-2で下した。

 一方、19歳で第7シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)は、予選勝者のアドリアン・メネンデス マチェラス(スペイン)を7-6 (3) 6-2で下した。彼は2回戦で、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はスタン・ワウリンカ(スイス)、8月のUSオープンで撮影
NEW YORK, NY - AUGUST 31: Stan Wawrinka of Switzerland in action against Milos Raonic of Canada in the third round of the US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Centre on August 31, 2018 in New York City, United States. (Photo by TPN/Getty Images)'n'n'n

This article is a sponsored article by
''.