「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ/本戦10月1~7日/賞金総額192万8580ドル/室内ハードコート)のシングルス準々決勝で、ダニール・メドベデフ(ロシア)が第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を7-6(4) 6-3で倒し、ATP500の大会で初のベスト4進出を果たした。試合時間は1時間15分。

 今大会に2年連続出場となる22歳のメドベデフは、予選2試合を勝ち抜き本戦入り。昨年は1回戦で、アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に1-6 2-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。今週のメドベデフは、1回戦で第4シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4 6-4で、2回戦では予選勝者のマルティン・クーリザン(スロバキア)を6-4 6-3で破って8強入りを決めていた。

 メドベデフは準決勝で、19歳のデニス・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。シャポバロフは準々決勝で、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を4-6 7-6(7) 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は準々決勝で対戦したダニール・メドベデフ(ロシア/左)とミロシュ・ラオニッチ(カナダ/右)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 05: Daniil Medvedev of Russia celebrates after defeating in the Singles Quarter finals round against Milos Raonic of Canada on day five of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 5, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.