「オーバーエスターライヒ・レディース・リンツ」(WTAインターナショナル/オーストリア・リンツ/10月8~14日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第5シードのカミラ・ジョルジ(イタリア)と予選勝者のエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)が決勝に勝ち進んだ。

 ジョルジがアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)を6-3 6-4で、アレクサンドロワはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)を0-6 6-4 6-0で下しての勝ち上がり。

 今大会に2年ぶり5度目の出場となるジョルジは、2014年の準優勝がこれまでの最高成績。前回の決勝では、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)に7-6(4) 3-6 6-7(4)で敗れていた。

 WTA125Kシリーズでの1勝を含むツアー下部大会で8勝を挙げている23歳のアレクサンドロワは、9月のソウル(WTAインターナショナル/ハードコート)でのベスト8がこれまでのWTAツアーでの最高成績だった。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、ジョルジが1勝0敗でリード。2016年4月にカトヴィツェ(WTAインターナショナル/室内ハードコート)の2回戦で初対戦しており、ジョルジが4-6 6-2 6-4で勝っている。

※写真はUSオープンでのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)
NEW YORK, NY - AUGUST 28: Ekaterina Alexandrova of Russia returns the ball during her women's singles first round match against Su-Wei Hsieh of Chinese Taipei on Day Two of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.