「BGL BNPパリバ ルクセンブルク・オープン」(WTAインターナショナル/ルクセンブルク・ルクセンブルク/10月15~20日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)のシングルス準々決勝が行われ、第1シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)、18歳のダイアナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)、予選勝者のベリンダ・ベンチッチ(スイス)とユージェニー・ブシャール(カナダ)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 ゲルゲスが第6シードのドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-3 3-6 6-3で、ヤストレムスカがマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)を6-1 6-4で、ベンチッチがベラ・ラプコ(ベラルーシ)を6-4 6-1で破り、ブシャールは6-4 4-0とリードした時点でアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)が棄権したため勝ち上がった。

 前週の香港(WTAインターナショナル/ハードコート)でツアー初優勝を果たしたばかりのヤストレムスカは、2回戦で第2シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-2 6-3で倒す金星を挙げていた。

 準決勝では、ゲルゲスがブシャールと、ヤストレムスカはベンチッチと対戦する。

※写真は北京の大会でのユリア・ゲルゲス(ドイツ)
BEIJING, CHINA - SEPTEMBER 29: Julia Goerges of Germany returns a shot against Johanna Konta of Britain during their Women's Qualie Singles 2nd Round match of the 2018 China Open at the China National Tennis Center on September 29, 2018 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.