「DUNLOP SRIXON ジャパンオープンジュニアテニス選手権大会」(ITFグレード2/愛知県名古屋市・東山公園テニスセンター/本戦10月23~28日/砂入り人工芝コート)は大会最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第2シードのゴーティエ・オンクリン(ベルギー)が第14シードの三井駿介(アクトスポーツクラブ)を2-6 6-2 6-4で、女子シングルス決勝は第7シードのバレンティナ・ルザー(スイス)がノーシードから勝ち上がってきたロビン・モントゴメリー(アメリカ)を6-7(5) 6-4 6-3で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男女ともにトップ2シードの対戦となったダブルス決勝は、男子が第2シードのステファン・ストーチ(オーストラリア)/ブ・ユンチャオケテ(中国)の棄権による不戦勝で第1シードのルイ・ヘルマン(ベルギー)/オンクリンが制し、女子は第2シードのヴェロニカ・ペペルヤエバ/アナスタシア・チホノワ(ともにロシア)がアンバー・マーシャル/メーガン・スミス(オーストラリア)を6-1 6-4で倒してタイトルを獲得。オンクリンは単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○64ゴーティエ・オンクリン(ベルギー)[2] 2-6 6-2 6-4 ●24三井駿介(アクトスポーツクラブ)[14]

女子シングルス決勝

○32バレンティナ・ルザー(スイス)[7] 6-7(5) 6-4 6-3 ●59ロビン・モントゴメリー(アメリカ)

男子ダブルス決勝

○1ルイ・ヘルマン/ゴーティエ・オンクリン(ベルギー)[1] 不戦勝 ●32ステファン・ストーチ/ブ・ユンチャオケテ(オーストラリア/中国)[2]

女子ダブルス決勝

○32ヴェロニカ・ペペルヤエバ/アナスタシア・チホノワ(ロシア)[2] 6-1 6-4 ●1アンバー・マーシャル/メーガン・スミス(オーストラリア)[1]

画像: 女子シングルス優勝のバレンティナ・ルザー(スイス/左)と準優勝のロビン・モントゴメリー(アメリカ/右)(写真提供◎日本テニス協会)

女子シングルス優勝のバレンティナ・ルザー(スイス/左)と準優勝のロビン・モントゴメリー(アメリカ/右)(写真提供◎日本テニス協会)

画像: 男子ダブルス優勝のルイ・ヘルマン(右)/ゴーティエ・オンクリン(ベルギー)(写真提供◎日本テニス協会)

男子ダブルス優勝のルイ・ヘルマン(右)/ゴーティエ・オンクリン(ベルギー)(写真提供◎日本テニス協会)

画像: 左から女子ダブルス優勝のヴェロニカ・ペペルヤエバ、アナスタシア・チホノワ、準優勝のアンバー・マーシャル、メーガン・スミス(写真提供◎日本テニス協会)

左から女子ダブルス優勝のヴェロニカ・ペペルヤエバ、アナスタシア・チホノワ、準優勝のアンバー・マーシャル、メーガン・スミス(写真提供◎日本テニス協会)

※トップ写真は男子シングルス優勝のゴーティエ・オンクリン(ベルギー/左)と準優勝の三井駿介(アクトスポーツクラブ/右)
写真提供◎日本テニス協会

This article is a sponsored article by
''.