「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦4日目、女子はシングルス3回戦8試合のうち6試合が行われ、ダブルスは5組がベスト8進出を決めた。

 現役引退か、続行かーー。4年前の準優勝者で、今大会後の身の振り方を〈保留〉している澤柳璃子(リンクス・エステート)が第2シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)を3時間4分のマラソンマッチで破り、準々決勝に駒を進めた。

 第1セットは動きも鈍く、単調なミスが続いた澤柳だが、第2セットになると形勢が変化。ワンブレークのアップで迎えた第6ゲームを8度ものデュースの末に守り抜いた粘りは、その後の展開にも大きく影響しただろう。第8ゲームのサービスでも一つブレークポイントをしのぎ、3度のデュースでキープすると、最後はブレークでセットをタイに戻した。

 最終セットは、前のセットの8回を上回る9回のデュースという超ロングゲームでスタート。結局、澤柳がサービスゲームを落としたのだが、すぐにブレークバックに成功し、そのまま5ゲームを連取した。コート上でほとんど感情を表さない小堀に対し、澤柳は闘志を隠さなかった。

「感情を素直にコートで表現しようと思っているので、自然とそうなりました」

 もはや決着はついたと思った矢先、小堀が一気に4ゲームを巻き返す。どのゲームもほとんど競ることすらなく、あっという間の5-5のイーブン。そこからサービスキープし合ったあと、勝負のタイブレークは澤柳が7-1と圧倒した。

「最後は気持ちでもっていったという感じ」

「負けたくないという気持ちを私のほうが前に出す分、気持ちでちょっとまさったのかなと思う」

 勝因として〈気持ち〉を強調した。これが現役最後の試合になるかもしれないという覚悟は、その底力と無関係ではないだろう。すでに、いくつかのスポンサーとの契約解消を申し入れ、5月からは高校の男子テニス部のコーチを務めている。

 しかし、ジュニア時代から同世代のトップを常に争ってきた存在が、24歳の若さで抱いてしまった覚悟に悲壮感はない。むしろ以前よりも勝負を楽しみ、応援・サポートしてくれる人たちとのつながりに喜びを感じているという。

 澤柳の準々決勝の相手は17歳の内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)。“全日本後”は決まっていなくても、「1日でも長くコートに立ちたい」という思いだけははっきりしている。
 
 なお、この日行われたシングルス6試合はすべてシード対決だったが、下位が上位を破った試合がもう一つあった。第9シードの19歳、本玉真唯(フリー)が第5シードの瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)に5-7 6-2 6-3で逆転勝利。2回戦でカジュール・アンジュ(橋本総業ホールディングス)を6-3 6-7(7) 7-6(2)の大接戦で退けて、両脚に痛々しくテーピングを施していたが、最後まで集中力を切らさなかった。

 今年5月にプロ転向したが、所属はまだ〈フリー〉の身ということもあり、「全日本の結果でアピールしたい」と話す。準々決勝は第1シードで20歳の清水綾乃(Club MASA)との若手対決だ。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は澤柳璃子(リンクス・エステート)(撮影◎宮原和也)

This article is a sponsored article by
''.