HEADは、名器「ラジカル」の生誕25周年を記念して、このラケットと、愛用するアスリートたちが作ってきた伝説を称えるべく、ラジカル限定モデルを発表した。

 ラジカルと言えば、それはアンドレ・アガシ(アメリカ)ーー。

画像: Andre Agassi Reviews the 25th Anniversary Radical LTD Edition Racquet www.youtube.com

Andre Agassi Reviews the 25th Anniversary Radical LTD Edition Racquet

www.youtube.com

アンドレ・アガシ Interview by HEAD

Q 1994年のUSオープンでラジカルを使って優勝したことを思い出します。

アガシ ゲームの組み立てができれば、優勝できると思っていたよ。決勝のマッチポイントでショートバックハンドをフルスイングしたことは、今でも忘れない。あのときは追い風だったから、どうやって打ったのかは聞かないでくれ。それにしても、自分が使用しているラケットには、とても自信があったよ。いつもベストなパフォーマンスを生み出してくれるんだ。

Q HEADファミリーになったことについて。

アガシ いつも自分をより良くしてくれる。HEADが何を追求しているのか、自分でよければ手助けするから、教えてくれと常に言っていたよ。HEADとは、常にラケットについて話してきて、次の時代に何が必要なのかをともに追求してきた。本当にいいパートナーだよ。

Q HEADと働き出してどう変わりましたか。

アガシ 自分の好きなラケットの打球感を常に探してきた。HEADはそれを実現できるし、もっと良くなると言ってくれたよ。そして、それを実現してくれるチームに僕を入れてくれた。ともにラケットを開発して、最初にラケットを手で触ったときの感触は忘れないし、後戻りすることはなかったよ。

Q 現役時代にラケットに求めていたことは何ですか。

アガシ 余裕のあるスイートスポットが必要だったから、より大きなスイートスポットを求めていた。試合中に、自分の考え方を変えたとき、いつもラケットがそれに応えてくれたんだ。だからどんなときも落ち着いてプレーすることができた。ほかのラケットにはない、抜群の安定感があったよ。精確さ、常に同じ打球感が僕は欲しかったんだ。

Q ラジカルを使用してプレーしたとき、自分のゲームに変化はありましたか。

アガシ 今までよりもコントロールを感じたし、力強さも感じたよ。相手により多くのダメージを与えることができたし、コートの上で違う動きができた。相手をコートの後ろに下げることで、センターを陣取ることができたし、ボールを操作することができた。ラケットの感覚をよく把握していたから、どんなふうにラケットを振れば、どのようにボールが飛んでいくかがわかっていたんだ。

画像: RADICAL OS:これはアガシの初めてのラジカルのレプリカ版。320g、18×19のストリングパターン、690cm²のヘッドサイズ。このラケットは、90年代初めのテニスシーンを愛するテニスファンに向けて作られたもの。マルハナバチ(丸花蜂)がモチーフの象徴的なデザイン

RADICAL OS:これはアガシの初めてのラジカルのレプリカ版。320g、18×19のストリングパターン、690cm²のヘッドサイズ。このラケットは、90年代初めのテニスシーンを愛するテニスファンに向けて作られたもの。マルハナバチ(丸花蜂)がモチーフの象徴的なデザイン

Q 現役時代に、HEADとともにラジカルの進化について考えましたか。

アガシ 試合のゲーム運びをより良くするために、ラケットを力強くさせるために、何が必要なのか、バランスよくボールを吸収させる方法とかを考えていたよ。ラケットの重さ、バランス、素材の進化は重要だよね。僕が求めていたラケットは、なるべく重さのあるラケットで、テンションが低いラケット。ラケットの重さは疲れやケガに影響しないし、テンションが低いのは、ずっとボールをコントロールできるから。相手にどれだけの衝撃を与えられるかが、重要だからね。僕自身が進化するにつれて、試合をコントロールできるように、ラケットのバランスポイントを変えていたよ。

Q ラジカルのどんな部分が好きですか。

アガシ すべてが今までにない感じだった。現役時代の自分の性格を調和してくれるラケットだよ。とにかくすべてが好き。自分自身を表現できるものだったから。

画像: GRAPHENE TOUCH RADICAL MP:これはGRAPHENE TOUCH MP RADICALの限定版。革新的なグラフィン・タッチテクノロジーを採用し、最高のタッチと安定した衝撃減衰を実現した。16×19ストリングパターンを採用し、操作性とスピンを向上。1993年発表の初代ラジカルから着想を得た、紛れのないマルハナバチ(丸花蜂)のデザイン

GRAPHENE TOUCH RADICAL MP:これはGRAPHENE TOUCH MP RADICALの限定版。革新的なグラフィン・タッチテクノロジーを採用し、最高のタッチと安定した衝撃減衰を実現した。16×19ストリングパターンを採用し、操作性とスピンを向上。1993年発表の初代ラジカルから着想を得た、紛れのないマルハナバチ(丸花蜂)のデザイン

This article is a sponsored article by
''.