「WTAエリート・トロフィー珠海」(WTAエリートトロフィ/中国・珠海/10月30日~11月4日/賞金総額234万9363ドル/ハードコート)の大会3日目のダブルスはブーゲンビリア・グループのラウンドロビン第2戦が行われ、第2シードの加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)は第3シードのリューメラ・キッシャノック/ナディヤ・キッシャノック(ともにウクライナ)に4-6 6-1 [7-10]で敗れ、黒星スタートとなった。試合時間は1時間32分。

 大会初日に第5シードのジアン・シンユー/ヤン・ザオシャン(ともに中国)を7-6(9) 3-6 [11-9]で破っていたキッシャノック姉妹は2勝目を挙げ、決勝進出を決めた。

 今シーズンの加藤/二宮は、13大会に出場。4月のフェドカップ・ワールドグループ2部プレーオフ(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)のイギリス戦では最終試合のダブルスで日本の勝利を決め、9月の東京(WTAプレミア/室内ハードコート)で同ペアでのWTAツアー初優勝を果たしていた。

 この大会は、シンガポールでのWTAファイナルズの出場権を逃したツアーのトップ選手が出場している。ダブルスは6ペアが1グループ3組ずつの2グループに分かれて総当たり戦を行い、各グループの勝者が決勝に進出する形式となっている。

※[ ]数字はシード順位

ラウンドロビン|ダブルス

リリィ・グループ

ミハエラ・ブザネスク/アリシア・ロソルスカ(ルーマニア/ポーランド)[1]、青山修子/リジヤ・マロザバ(近藤乳業/ベラルーシ)[4]、タン・キアンホェイ/シュン・ファンイン(中国)[6]

■10月31日(水)

●ミハエラ・ブザネスク/アリシア・ロソルスカ(ルーマニア/ポーランド)[1] 3-6 2-6 ○青山修子/リジヤ・マロザバ(近藤乳業/ベラルーシ)[4]

ブーゲンビリア・グループ

加藤未唯/二宮真琴(ザイマックス/橋本総業ホールディングス)[2]、リューメラ・キッシャノック/ナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)[3]、ジアン・シンユー/ヤン・ザオシャン(中国)[5]

■10月30日(火)

○リューメラ・キッシャノック/ナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)[3] 7-6(9) 3-6 [11-9] ●ジアン・シンユー/ヤン・ザオシャン(中国)[5]

■11月1日(木)

●加藤未唯/二宮真琴(ザイマックス/橋本総業ホールディングス)[2] 4-6 6-1 [7-10] ○リューメラ・キッシャノック/ナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)[3]

※写真は加藤未唯(右)/二宮真琴
ZHUHAI, CHINA - NOVEMBER 01: Miyu Kato of Japan and Makoto Ninomiya of Japan return a shot against Lyudmyla Kichenok of Ukraine and Nadiia Kichenok of Ukraine during their women's doubles match on day 3 of the 2018 WTA Elite Trophy Zhuhai at Hengqin Tennis Center on November 1, 2018 in Zhuhai, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.