「ロレックス・パリ・マスターズ」(ATP1000/フランス・パリ/10月29日~11月4日/賞金総額544万4985ユーロ/室内ハードコート)のシングルス3回戦で、第10シードの錦織圭(日清食品)が第7シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-4 6-4で倒し、ベスト8進出を果たした。試合時間は1時間20分。

 今大会に2年ぶり7度目の出場となる錦織は、2014年のベスト4がこれまでの最高成績。前回プレーした2016年は、3回戦でジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に6-0 3-6 6-7(3)で敗れていた。

 今週の錦織は、初戦となった2回戦でアドリアン・マナリノ(フランス)を7-5 6-4で破って16強入りを決めていた。

 この結果で錦織は、アンダーソンとの対戦成績を6勝3敗とした。今シーズンは2度対戦し、2月のニューヨーク(ATP250/室内ハードコート)の準決勝は6-1 3-6 7-6(4)で、前週のウィーン(ATP500/室内ハードコート)の決勝では6-3 7-6(3)で、いずれもアンダーソンが勝っていた。

 錦織は準々決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。フェデラーは3回戦で、第13シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-4 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真は錦織圭(日清食品)
PARIS, FRANCE - NOVEMBER 01: Kei Nishikori of Japan plays a backhand in his Round of 16 match against Kevin Anderson of South Africa during Day 4 of the Rolex Paris Masters on November 1, 2018 in Paris, France. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.