「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦8日目、女子はシングルス決勝、ダブルスは準決勝が2試合が行われ、シングルスは第1シードの清水綾乃(Club MASA)が第15シードの澤柳璃子(リンクス・エステート)を6-0 7-6(6)で下して初優勝を飾った。

 トスに勝ってリターンを選んだ清水が第1ゲームを奪うと、あとはとんとん拍子でポイントを重ねていった。全日本の決勝という大舞台に動じることなく、パワフルなボールを相手のコートに押し込んでいった。

 初めてゲームを失ったのは、試合開始から9ゲーム目のこと。6-0 2-1となったが、流れは変わらない。そのまま5-2までリードを広げ、第8ゲームは清水のサービスで40-0。トリプルマッチポイントを握って歓喜の瞬間を迎えようとしていた。

画像: 持ち味の強打で澤柳を追い詰める清水

持ち味の強打で澤柳を追い詰める清水

 だが、ここまであれほど簡単に取れていた1ポイントが、どうしても取れない。デュースに追いつかれてからも3度のマッチポイントがあったが、ことごとく逃してブレークを許してしまった。

 それでも、まだ5-3だが、清水の落胆は大きく、「そこから消極的になってしまった」と言う。生き返った澤柳がアグレッシブになって形勢は逆転。5-5に追いつかれ、6-5とふたたびリードするも、第2セットの決着はタイブレークへ持ち込まれた。

画像: マッチポイントを跳ね返し、反撃に転じる澤柳

マッチポイントを跳ね返し、反撃に転じる澤柳

 マッチポイントを逃し続けてからの清水は、相手のプレーについていくだけで必死だった。「何とか(ボールを)コートに入れて、走ろうと思った」と清水。タイブレークも一進一退の攻防となったが、最後はポイント7-6から訪れた8回目のマッチポイントをつかんで優勝を決めた。

「ホッとしたという気持ちが一番大きい」と清水が笑う。勝ちが見えてからのプレーという課題が最後の最後で顔を出したものの、勝利は譲らなかった。気にはしないようにしていたが、全日本の第1シードは大きな重圧だった。「やっと終わった。これで緊張から解き放たれました」と優勝会見では笑顔が弾けた。

 準優勝に終わった澤柳。一方的となった展開については「手も足も出ない状態。0-6 0-6は避けたかった」と振り返った。清水のボールは、これまで対戦した相手の誰よりも重く、深く、やりづらさを感じながらの戦いだった。

 それでも見せ場はつくった。マッチポイントをことごとく跳ね返し、逆襲に転じたプレーは躍動感にあふれ、持ち味でもある多彩なショットで清水のミスを誘った。勝負を何とか最終セットに持ち込もうと奮闘したが、あと一歩で力尽きた。

画像: 試合後の握手を交わす清水(右)と澤柳

試合後の握手を交わす清水(右)と澤柳

 表彰式では「悔しい」と涙を流した。もっと早くから自分のプレーができていればという後悔だろう。引退も視野に入れて臨んだ全日本。現役続行か、引退か、その結論はまだ未定で、大会後に答えを出すつもりでいる。

 明日4日の女子はダブルス決勝が行われる。内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)/林恵里奈(福井県スポーツ協会)と寺見かりん(テニスユニバース)/首藤みなみ(スポーツクリエイト)のノーシード対決だ。
 
編集部◎牧野 正 写真◎江見洋子

※トップ写真は、女子シングルス優勝を飾った優勝会見での清水綾乃

This article is a sponsored article by
''.