ATPツアー下部大会の「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月12~18日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の予選が始まり、初日はシングルス1回戦16試合が行われた。

 18人が出場した日本勢は、今年のインカレを制した望月勇希(中央大学)、岡村一成(橋本総業ホールディングス)、島袋将(早稲田大学)、18歳の田島尚輝(TEAM YONEZAWA)、17歳の市川泰誠(イカイ)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の渡邉聖太(神村学園神戸垂水学習センター)の6人が初戦を勝ち上がった。

 予選はシングルス32ドロー(30人出場)で争われ、3試合を勝ち上がった4人が本戦への出場権を獲得する。

 11月11日(日)は11時00分から、シングルス予選2回戦8試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス予選1回戦

1アンドリュー・ハリス(オーストラリア)[1] 2Bye

○3望月勇希(中央大学)6-1 6-7(2) 6-2 ●4中川直樹(IMG Tokyo)

○6島袋将(早稲田大学)6-2 6-2 ●5河内一真(フリー)

○7ヘー・イェコン(中国)6-4 6-2 ●8野口莉央(明治安田生命)[5]

------

9ナム ホァン・ライ(ベトナム)[2] 10Bye

○11イバン・サバノフ(クロアチア)7-6(2) 6-2 ●12小野誠佳(ロイヤルSCテニスクラブ)[WC]

○14田島尚輝(TEAM YONEZAWA)6-4 7-5 ●13山尾玲貴(関西大学)[WC]

○16アレクサンダー・ブキッチ(オーストラリア)[7] 6-4 6-2 ●15ハリー・ボーシェ(オーストラリア)

------

○17ジェイコブ・グリルズ(オーストラリア)[3] 7-6(4) 5-7 6-1 ●18マテイ・サバノフ(クロアチア)

○20岡村一成(橋本総業ホールディングス)6-4 6-7(2) 6-3 ●19井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)

○21ガオ・シン(中国)6-4 6-4 ●22西脇一樹(SYSテニスクラブ)

○24ウー・トゥンリン(台湾)[6] 6-2 4-6 6-3 ●23守谷総一郎(Team REC)

------

○25ブレイク・エリス(オーストラリア)[4] 6-2 6-3 ●26中村錬(フリー)[WC]

○27渡邉聖太(神村学園神戸垂水学習センター)[WC] 4-6 7-5 [7-6(6) ●28斉藤貴史(橋本総業ホールディングス)

○30市川泰誠(イカイ)2-6 7-6(5) 6-3 ●29仁木拓人(三菱電機)

○32コリン・シンクレア(北マリアナ諸島)[8] 6-4 6-1 ●31松本樹(近畿大学)[WC]

※写真はシングルス予選2回戦に進出した望月勇希(中央大学)
写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会/兵庫ノアチャレンジャー

This article is a sponsored article by
''.