ATPツアー下部大会の「シャーロッツビル男子プロ・チャレンジャー」(アメリカ・バージニア州シャーロッツビル/10月29日~11月4日/賞金総額7.5万ドル/室内ハードコート)のダブルス決勝で、第4シードの松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)/フレデリック・ニールセン(デンマーク)はハリ・ヘリオバーラ(フィンランド)/ヘンリー・ラクソネン(スイス)に3-6 4-6で敗れた。

 ニールセンと松井のコンビは今季8度目のダブルス出場で、決勝に進出したのはタイトルを獲得した5月のソウル(7.5万ドル/ハードコート)に続いて2度目だった。

 今大会での松井/ニールセンは、1回戦でニコラ・カシッチ(セルビア)/ティムール・ハビブリン(カザフスタン)を6-4 7-6(3)で、準々決勝でワイルドカード(主催者推薦枠)のジェーシー・アラゴン/ステファン・コズロフ(ともにアメリカ)を7-6(5) 6-1で、準決勝では第2シードのマルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ロベルト・メイティン(ベネズエラ)を1-6 6-4 [10-6]で下して決勝進出を決めていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の結果

ダブルス決勝

●12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 3-6 4-6 ○7ハリ・ヘリオバーラ/ヘンリー・ラクソネン(フィンランド/スイス)

ダブルス準決勝

○12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 1-6 6-4 [10-6] ●16マルセロ・アレバロ/ロベルト・メイティン(エルサルバドル/ベネズエラ)[2]

ダブルス準々決勝

○12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 7-6(5) 6-1 ●9ジェーシー・アラゴン/ステファン・コズロフ(アメリカ)[WC]

ダブルス1回戦

○12松井俊英/フレデリック・ニールセン(ASIA PARTNERSHIP FUND/デンマーク)[4] 6-4 7-6(3) ●11ニコラ・カシッチ/ティムール・ハビブリン(セルビア/カザフスタン)

※写真は昨年の楽天ジャパンオープンでの松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.