「平成30年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第55回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月28日~12月2日/室内ハードコート)の本戦4日目は、男女シングルス準決勝と男女ダブルス決勝が行われた。

 第1シードの松田美咲(亜大2年)とノーシードから勝ち進んだ今村凪沙(鹿屋体大2年)の準決勝は、7-5 6-4で松田が勝利を手に入れた。

 2年生同士のレフティー対決。松田が強烈なスピンで押し込んでいくが、早い打ち合いなら今村も負けてはいない。第1セットは5-4、第2セットは3-0とリードを奪ったのは松田ではなく今村だった。

 だが、松田は落ち着いていた。「無理をしないで自分のプレーをすること」に徹し、両セットとも逆転に成功。「ミスも多かったけれど、気持ちを強く持ち、攻める姿勢は崩さなかった」と松田が安堵の表情を見せた。

 第1シードの松田を追い込んだ今村だが、あと一押しができなかった。第1セットはセットポイントを取り逃し、第2セットはペースを落とした松田のプレーにミスが出た。「これまでの相手はラリーをすれば勝てる気がしたけれど、今日は厳しかった」と肩を落とした。

「勝てるチャンスもあっただけに悔しい」と口にしたが、ノーシードからの4強進出は大きな自信になっただろう。「やりきった感はあります。サービスを鍛え直し、また頑張りたい」と巻き返しを誓った。

画像: 松田に敗れ、ベスト4に終わった今村

松田に敗れ、ベスト4に終わった今村

 もう一方の準決勝は、第2シードの清水映里(早大2年)が予選突破の松本安莉(山学大3年)を6-2 6-2で退け、2年連続の決勝進出を果たした。

 相手は予選から5連勝。「勢いに乗っている選手なので」と清水は立ち上がりから飛ばしていった。しかし、頭は冷静だった。「あまり熱くなりすぎず、落ち着いてプレーすること」を心掛け、第1セットを先取した。

 第2セットは出だしで少しリズムを失ったが、我慢強いプレーに徹した。「自分からポイントを取りにいくよりも、相手のミスを誘う」ことで1-2から5ゲーム連取につなげ、決着をつけた。

画像: 「先輩たちの応援も心強かった」と清水

「先輩たちの応援も心強かった」と清水

「チャンスはあったけれど、そこを取りきれずに相手を乗せてしまった」と悔しさいっぱいの松本。連戦の疲れから動きも落ち、持ち味でもある粘り強さを発揮できなかった。

 快進撃はついに終わったが、予選からの4強は高く評価できる。「うれしい気持ちもあるけど、それより悔しさのほうが大きい。この気持ちを忘れないで、もうひと越えしたいです」と松本が言葉に力を込めた。

画像: 松本は予選から堂々のベスト4

松本は予選から堂々のベスト4

 ダブルス決勝は、第1シードの中沢夏帆/高橋玲奈(亜大4年/4年)が大野菜々子/越野菜摘(関大2年/3年)を6-2 3-6 [11-9]で下して優勝を決めた。2人にとって学生最後の大会で初の全国タイトル獲得となった。

画像: ダブルス優勝の高橋(左)/中沢

ダブルス優勝の高橋(左)/中沢

 明日のシングルス決勝は松田と清水、トップ2シードの激突となる。「頭を使って気持ちを上げて戦いたい」と松田が言えば、清水も「ワクワクしている。決勝で戦うことを楽しみにしていた」とうなずいた。

(編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、決勝進出を決めた瞬間の松田美咲(亜大2年)

This article is a sponsored article by
''.