2019年シーズン開幕戦のひとつとなる「ブリスベン国際」(ATP250/オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/賞金総額58万9680ドル/ハードコート)の男子ダブルス準々決勝で、第2シードのマクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)はジョン・ミルマン/ジョン パトリック・スミス(ともにオーストラリア)に6-7(5) 4-6で敗れた。試合時間は1時間14分。

 ストルフとマクラクランは2018年シーズンからペアを組み始め、今大会が15回目のダブルス出場。1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)と3月のマイアミ(ATP1000/ハードコート)で4強入りし、10月の東京(ATP500/室内ハードコート)では初優勝を果たした。

 今大会でのマクラクラン/ストルフは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のアレックス・デミノー/レイトン・ヒューイット(ともにオーストラリア)を6-3 6-1で破って勝ち上がっていた。

 シングルスにも出場していたストルフは、前日に行われた1回戦でジェレミー・シャルディ(フランス)に6-4 3-6 4-6で敗れていた。

 ミルマン/スミスは準決勝で、マーカス・ダニエル(ニュージーランド)/ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)とカイル・エドマンド/ニール・スクプスキー(ともにイギリス)の勝者と対戦する。

※写真は上海の大会でのマクラクラン勉(左)/ヤン レナード・ストルフ
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 11: Ben Mclachlan of Japan and Jan-Lennard Struff of Germany reacts after losing a point to Ben Raven Klaasen of Republic of South Africa and Michael Venus of New Zealand during the Second Round Men's Double match between Raven Klaasen of Republic of South Africa and Michael Venus of New Zealand and Ben Mclachlan of Japan and Jan-Lennard Struff of Germany in 2018 Rolex Shanghai Masters at Qi Zhong Tennis Centre on October 11, 2018 in Shanghai, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.