男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ(デ杯)ファイナルズ予選「オーストラリア対ボスニア・ヘルツェゴビナ」(2月1、2日/オーストラリア・アデレード/ハードコート)で、オーストラリアがボスニア・ヘルツェゴビナに4勝0敗で勝ち、18チームによるマドリッドでのファイナルズ出場権を確保した。

 アデレードのメモリアル・ドライブで行われた2日目のダブルスで、ジョン・ピアース/ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)がミルザ・バシッチ/トミスラフ・ブルキッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を7-5 6-1で倒し、オーストラリアが逆転不可能な3勝0敗のリードを奪った。

 そのあとのシングルスでは、デビスカップ初出場となった19歳のアレクセイ・ポピリン(オーストラリア)がネルマン・ファティッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を6-1 7-6(2)で破り、スコアは4勝0敗に。最後のシングルスは、プレーされなかった。

 初日のシングルス2試合は、ジョン・ミルマン(オーストラリア)とアレックス・デミノー(オーストラリア)がそれぞれストレート勝利をおさめ、オーストラリアが2勝0敗で王手をかけていた。

 ミルマンは相手エースのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を6-3 6-2で下し、ホームでナンバーワンとしてプレーしたデミノーがミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に対する6-3 7-6(0)の勝利でそれに続いた。

 デ杯は、今年から新フォーマットに変更されて行われている。24ヵ国がホーム&アウェー方式で争う予選ラウンドは、ベスト・オブ3セットマッチで最大5試合(先に3勝したチームの勝利)が2日間の日程で行われた。各対戦に勝利した12ヵ国が、18チームによって争われる11月のファイナルズ(スペイン・マドリッド)に進出する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は勝利を祝うオーストラリア代表チーム
ADELAIDE, AUSTRALIA - FEBRUARY 02: Alex de Minaur, John Millman, Jordan Thompson, John Peers, Alexei Popyrin, captain Lleyton Hewitt of Australia and their teammates spray Gatorade as they celebrate after winning the Davis Cup Qualifiers between Australia vs Bosnia and Herzegovina at Memorial Drive, Adelaide on February 02, 2019 in Adelaide, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.