JTA(日本テニス協会)主催大会の「第55回 島津全日本室内テニス選手権大会」(男子:JTT-2/京都府京都市・島津アリーナ京都/2月13~17日/賞金総額:男子600万円/室内カーペットコート)が開幕し、初日は男子シングルス1回戦8試合が行われた。

 シングルス24ドローで争われ、片山翔(伊予銀行)、川橋勇太(筑波大学)、川上倫平(あきやま病院)、岡村一成(橋本総業ホールディングス)、吉備雄也(ノア・インドアステージ)、小ノ澤新(イカイ)、今村昌倫(慶應義塾大学)、河内一真(フリー)が初戦を突破した。

 2月14日(木)は11時00分から、シングルス2回戦8試合とダブルス1回戦4試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[WC]はワイルドカード(主催者推薦枠)

男子シングルス1回戦

○3小ノ澤新(イカイ)6-3 6-3 ●4佐野紘一(伊予銀行)

○6川橋勇太(筑波大学)6-3 6-4 ●5松田康希(荏原SSC)[WC]

○12吉備雄也(ノア・インドアステージ)6-3 6-2 ●11井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)

○14今村昌倫(慶應義塾大学)6-2 6-0 ●13髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)

------

○20河内一真(フリー)7-5 7-6(3) ●19鈴木昂(エキスパートパワーシズオカ)

○21岡村一成(橋本総業ホールディングス)6-3 6-2 ●22竹島駿朗(Team REC)

○28川上倫平(あきやま病院)6-4 6-2 ●27喜多元明(リコー)

○29片山翔(伊予銀行)6-3 7-6(3) ●30島袋将(早稲田大学)

※写真はシングルス1回戦対戦した吉備雄也(ノア・インドアステージ/右)と井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー/左)
写真提供◎京都府テニス協会
撮影◎真野博正 / HIROMASA MANO

This article is a sponsored article by
''.