ATPツアー公式戦の「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(メキシコ・アカプルコ/2月25日~3月2日/賞金総額193万1110ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)はキャメロン・ノリー(イギリス)に2-6 6-2 2-6で敗れた。試合時間は2時間15分。

 今大会に2年ぶりの出場となった西岡は、初出場だった2017年に予選から8強入り。準々決勝では、ラファエル・ナダル(スペイン)に6-7(2) 3-6で敗れていた。

 この結果でノリーは、3度目の対戦で西岡から初勝利を挙げた。昨年は2度対戦し、4月のヒューストン(ATP250/クレーコート)の予選は6-1 6-4で、9月の深圳(ATP250/ハードコート)の準々決勝では7-6(2) 6-2で、いずれも西岡が勝っていた。

 ノリーは2回戦で、第4シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。シュワルツマンは1回戦で、マリウス・コピル(ルーマニア)を6-3 4-6 6-1で下しての勝ち上がり。

 アビエルト・メキシカーノ・テルセルはATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

ラファエル・ナダル(スペイン)[1]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[2]
ジョン・イズナー(アメリカ)[3]
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 26: Yoshihito Nishioka of Japan returns a ball during the match against Cameron Norrie of Great Britain as part of the day 2 of the Telcel Mexican Open 2019 at Mextenis Stadium on February 26, 2019 in Acapulco, Mexico. (Photo by Hector Vivas/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.