ATPツアー公式戦の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(ATP500/アラブ首長国連邦・ドバイ/2月25日~3月2日/賞金総額288万7895ドル/ハードコート)の男子ダブルス決勝で、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)は第4シードのラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)に6-7(4) 3-6で敗れ、今季2勝目はならなかった。試合時間は1時間22分。

 ストルフとマクラクランのコンビは、今季5度目のダブルス出場。1月のオークランド(ATP250/ハードコート)では優勝を飾り、昨年10月の東京(ATP500/室内ハードコート)に続く同ペアでの2度目のタイトル獲得を果たした。

 今大会でのマクラクラン/ストルフは、1回戦でドミニク・イングロット(イギリス)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)を6-2 6-2で、準々決勝で第1シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)を7-5 7-5で、準決勝では予選勝者のジーヴァン・ネドゥンチェリヤン/プラブ・ラジャ(ともにインド)を6-7(5) 6-4 [12-10]で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスにも出場していたストルフは、2回戦でマートン・フクソービッチ(ハンガリー)に4-6 2-6で敗れていた。

※写真はマクラクラン勉(左)/ヤン レナード・ストルフ
DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - MARCH 02: Ben McLachlan of Japan and Jan-Lennard Struff of Germany in action during their Men's Doubles Final match against Rajeev Ram of the United States and Joe Salisbury of Great Britain during day fourteen of the Dubai Duty Free Championships at Dubai Duty Free Tennis Stadium March 02, 2019 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Francois Nel/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.