WTAツアー公式戦の「GNP保険オープン」(WTAインターナショナル/メキシコ・モンテレイ/4月1~7日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、日比野菜緒(ブラス)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジュリアーナ・オルモス(メキシコ)に4-6 6-1 7-6(5)で競り勝ち、今季のWTAツーで初の本戦勝利を挙げた。試合時間は2時間9分。

 今大会に3年連続出場となる日比野は、シングルスで初めて初戦を突破した。昨年は1回戦で、レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)に7-6(2) 4-6 4-6で敗れていた。オルモスとは、今回が初対戦だった。

 デジレイ・クラブチェク(アメリカ)とのペアでダブルスにも出場している日比野は、初戦でアナ・ボグダン/エレナ ガブリエラ・ルセ(ともにルーマニア)と対戦する予定となっている。

 日比野は2回戦で、第4シードのアリソン・リスク(アメリカ)とサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)の勝者と対戦する。

※写真はマイアミの大会での日比野菜緒(ブラス)
MIAMI GARDENS, FL - MARCH 20: Nao Hibino (JPN) in action during the Miami Open on March 20, 2019 at Hard Rock Stadium in Miami Gardens, FL. (Photo by Aaron Gilbert/Icon Sportswire via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.