今年最初の国内ジュニア全国大会「MUFGジュニアテニストーナメント」(4月9~13日/愛知県名古屋市・東山公園テニスセンター/砂入り人工芝コート)の大会4日目は男女シングルス準決勝が行われ、ファイナリストが出揃った。

 男子が第1シードの金田諒大(兵庫/相生学院高等学校:16歳)と脇坂留衣(大阪/興國高等学校:16歳)、女子は第1シードの長谷川愛依(愛知/名古屋LTC:15歳)と加藤智子(大阪/Wacc:15歳)が勝ち上がり、決勝は男女ともトップシードとノーシードの対戦となった。

 男女のコンソレーション決勝も行われ、南颯汰(愛知/TEAM YONEZAWA名古屋:15歳)と倉岡彩夏(熊本/沖縄尚学高等学校:15歳)が優勝を果たした。

 MUFGジュニアテニストーナメントは16歳以下の男女シングルス各64ドローで争われる全国大会で、海外派遣選手の選考会を兼ねている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス準決勝

○1金田諒大(兵庫/相生学院高等学校:16歳)[1] 5-7 6-4 6-0 ●17小泉煕毅(埼玉/さくら野火止テニスアカデミー:15歳)[3]

○51脇坂留衣(大阪/興國高等学校:16歳)5-7 6-3 6-2 ●33丹下颯希(愛媛/新田高等学校:15歳)[8]

女子シングルス準決勝

○1長谷川愛依(愛知/名古屋LTC:15歳)[1] 6-2 6-3 ●17齋藤優寧(岡山/岡山学芸館高校:16歳)[3]

○58加藤智子(大阪/Wacc:15歳)2-6 6-0 6-3 ●33伊藤あおい(愛知/チェリーテニスクラブ:14歳)[7]

男子コンソレーション決勝

○南颯汰(愛知/TEAM YONEZAWA名古屋:15歳)1-6 6-3 [14-12] ●寺西拓巳(山口/山口県立西京高等学校:16歳)

女子コンソレーション決勝

○9倉岡彩夏(熊本/沖縄尚学高等学校:15歳)6-1 6-3 ●20小畑莉音(北海道/四日市商業高校:15歳)[10]

写真◎BBM

This article is a sponsored article by
''.