今年の目標は世界一リターン練習をすること❗️

 なぜなら、サーブ、リターンはテニスのゲームで最も重要なショットであるにも関わらず、練習の数が少ないからです。

 1セット6-4の練習マッチをした場合、リターンゲーム数は5ゲーム、1ゲームに平均6回リターンを行うと仮定して、1セットで30回しかリターンを打っていない事実…これでは、リターンとしての練習量が少な過ぎますね!

 そこで、今年はとにかくリターンを打つ回数を増やす(世界一リターンを打つ)ことをテーマに毎日必ずリターンを行なっています。

 そんなリターン練習の合間に、スマッシュ返しメニューを挟んでみました。

 リターンに似た予測、反応、ローテーション、インパクトなどが必要となりますが、大きく違うのは、打つポジションとバウンドの角度(打点の高さ)。この異なった2つの刺激を入れることでボールを飛ばす距離感と打点の高さの調整能力を身につけるのが狙いです

 練習はちょっとした工夫で何倍もの効果を得ることができると思っていますし、色んなメニューを混ぜることで選手は楽しく行うことができます^_^

 頑張れ努力のプレーヤーたち!

みんなのテニス研究所(みんラボ)

www.facebook.com

This article is a sponsored article by
''.