WTAツアー公式戦の「J&T銀行プラハ・オープン」(WTAインターナショナル/チェコ・プラハ/4月29日~5月4日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のダブルス1回戦で、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/ヤナ・シジコバ(ロシア)がルーシー・サファロバ/バーボラ・ステフコバ(ともにチェコ)に6-4 4-6 [13-11]で競り勝ち、初戦突破を果たした。試合時間は1時間40分。

 この試合は前日に始まったが、第2セット3-3の時点で日没順延となっていた。

 シジコバと二宮は、今大会が2度目のダブルス出場。初めてペアを組んで臨んだ昨年5月のストラスブール(WTAインターナショナル/クレーコート)では準々決勝で、チャン・ラティーシャ(台湾)/ルクシカ・クンクン(タイ)に2-6 4-6で敗れていた。

 二宮/シジコバはこのあとに行われる予定の準々決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のデニサ・アレルトバ/テレサ・スミトコバ(ともにチェコ)と対戦する。アレルトバ/スミトコバは1回戦で、第4シードのデジレイ・クラブチェク(アメリカ)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ)を6-4 7-6(9)で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.