ATPツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/5月12~19日/賞金総額579万1280ユーロ/クレーコート)に、日本の錦織圭(日清食品)が出場する。
 
 世界ランク7位(5月6日付)の錦織は第6シードとなり、初戦となる2回戦でギド・ペラ(アルゼンチン)と予選を勝ち上がった選手の勝者と対戦する。

 今大会に5年連続6度目の出場となる錦織は、2016年のベスト4がこれまでの最高成績。昨年は準々決勝で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-2 1-6 3-6で敗れていた。

 今シーズンの錦織は、開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)で約3年ぶりにタイトルを獲得してツアー決勝での連敗を「9」でストップし、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では3年ぶり4度目の8強入りを果たした。

 そのほかの日本勢はマクラクラン勉(日本)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とのペアでダブルスに出場しており、初戦の対戦相手は第5シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)となっている。

 予選は日本勢2人が出場し、第11シードの西岡良仁(ミキハウス)が本戦入りを決めたが、ダニエル太郎(エイブル)は初戦で敗れた。

 BNLイタリア国際はATPツアーで年間9大会行われるマスターズ1000シリーズの第5戦目で、シングルス56ドロー、ダブルス24ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

予選結果|日本人選手

予選決勝

○20西岡良仁(日本/ミキハウス)[11] 6-4 4-6 6-3 ●17ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)[5]

予選1回戦

○20西岡良仁(日本/ミキハウス)[11] 7-6(3) 4-6 6-3 ●19デニス・クドラ(アメリカ)

●18ダニエル太郎(日本/エイブル)0-6 3-6 ○17ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)[5]

上位出場選手シード順位|シングルス

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]
ラファエル・ナダル(スペイン)[2]
ロジャー・フェデラー(スイス)[3]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4]
ドミニク・ティーム(オーストリア)[5]
錦織圭(日本/日清食品)[6]
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[7]
ステファノス・チチパス(ギリシャ)[8]

※写真は錦織圭(日清食品)
ROME, ITALY - MAY 12: Kei Nishikori of Japan speaks to the media during his press conference on day 1 of the Internazionali BNL d'Italia at Foro Italico on May 12, 2019 in Rome, Italy. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.