今年ふたつ目のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月26日~6月9日/クレーコート)のミックスダブルス1回戦で、穂積絵莉(日本住宅ローン)/マクラクラン勉(日本)はマリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)/ニール・スクプスキー(イギリス)に1-6 6-3 [6-10]で敗れた。試合時間は1時間5分。

 マクラクランと穂積のコンビは、昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)以来のミックスダブルス出場。前回は不戦勝で勝ち上がってのベスト16で、同ペアでの初勝利を挙げることはできなかった。

 穂積は前年準優勝を果たした二宮真琴(橋本総業ホールディングス)と組んで女子ダブルスにも出場していたが、この日行われた1回戦でデジレイ・クラブチェク/ジェシカ・ペグラ(ともにアメリカ)に6-4 2-6 5-7で敗れていた。

 ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とのコンビで第15シードで男子ダブルスに出場していたマクラクランは、ジェレミー・シャルディ/ファブリス・マルタン(ともにフランス)に3-6 3-6で敗れて2年連続初戦でシードダウンを喫していた。

 マルチネス サンチェス/スクプスキーは2回戦で、第6シードのチャン・ハオチン(台湾)/オリバー・マラック(オーストリア)とワイルドカード(主催者推薦枠)のクロエ・パケ/ブノワ・ペール(ともにフランス)の勝者と対戦する。

※写真は穂積絵莉(左)/マクラクラン勉
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.