フランス・パリで開催されている「フレンチ・オープン」(5月26日~6月9日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、19歳のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)が、わずか59分のうちに第12シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を6-2 6-0で倒し、初のグランドスラム大会準々決勝へと駒を進めた。

 チェコ出身の才能ある左利きの選手たちの列に並ぶ次世代のスターは、フレンチ・オープンで快進撃を続けている。ボンドルソバはここまでの4試合で、まだ1セットも落としていない。

「ただただ、自分のプレーをうれしく思うわ」とボンドルソバはコメントした。

「本当に幸せよ」

 準決勝進出をかけてボンドルソバは、第31シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)と対戦する。マルティッチは第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)に対する勝利を無駄にせず、この日はカイア・カネピ(エストニア)に5-7 6-2 6-4で挽回勝ちして、やはりキャリア初となるグランドスラム大会ベスト8に進出した。

 ドローの下半分に勝ち残っている選手の中でグランドスラム大会優勝経験があるのは、2017年USオープン優勝者のスローン・スティーブンス(アメリカ)だけだ。

 第7シードのスティーブンスは第19シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-4 6-3で下し、次のラウンドで第26シードのジョハンナ・コンタ(イギリス)と対戦することになった。コンタは第23シードのドナ・ベキッチを(クロアチア)を6-2 6-4で下した。

 昨年のロラン・ギャロス決勝でシモナ・ハレプ(ルーマニア)に敗れて準優勝だったスティーブンスは、ムグルッサにとどめを刺すのに5つのマッチポイントを必要とした。ムグルッサは2016年のフレンチ・オープン優勝を含め、2度グランドスラム大会で優勝している。

 17歳のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)、18歳のイガ・シフィオンテク(ポーランド)は月曜日にプレーすることになっており、総じて3人の10代の女子選手がパリでベスト16入りしたことになる。これは2008年以来のことだ。

 ボンドルソバは、やはり左利きの同国選手であるペトラ・クビトバ(チェコ)が2度ウインブルドンで優勝する様子を見ながら育った。

「彼女がウインブルドンで優勝したときのことは憶えている。私は彼女を尊敬していた」とボンドルソバは語った。

 テニス史上最大の偉人のひとりであるマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)は、変わらずチェコでもっとも有名な左利きのチェコ人選手だ。それから今週に引退した、2015年のロラン・ギャロス準優勝者のルーシー・サファロバ(チェコ)もいる。

「これほど多くのすぐれた選手がいるというのは、素晴らしいことだわ」とボンドルソバは言った。彼女が自分のテニスのお手本にしているのは、どの選手だろうか?

「誰もお手本にはしていない」とボンドルソバは答えた。

「私はただ、ペトラがウインブルドンに優勝したときに彼女の試合を観ていた。ロジャー(フェデラー)が大好きなんだけど、アイドルというのはいないの」

This article is a sponsored article by
''.