ATPツアー公式戦の「リベマ・オープン」(ATP250/オランダ・スヘルトーヘンボス/6月10~16日/賞金総額71万1275ユーロ/グラスコート)の男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)、前年覇者で第8シードのリシャール・ガスケ(フランス)、アドリアン・マナリノ(フランス)、ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 チョリッチが第7シードのクリスチャン・ガリン(チリ)を6-7(4) 6-3 7-6(6)で、ガスケがニコラス・ジャリー(チリ)を7-6(8) 6-4で、マナリノが第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を4-6 7-5 6-3で、トンプソンは第3シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)を4-6 6-2 6-3で下しての勝ち上がり。

 ガスケは準々決勝に先立ち前日から持ち越しとなっていた2回戦をプレーし、ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-4 6-3で破っていた。

 準決勝では、チョリッチがマナリノと、ガスケはトンプソンと対戦する。

※写真は昨年のハレの大会でのボルナ・チョリッチ(クロアチア)
HALLE, GERMANY - JUNE 23: Borna Coric of Croatia plays a backhand in his half final match against Roberto Bautista Agut of Spain during day six of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 23, 2018 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.