北信越テニス協会が主催する「2019年度 北信越ジュニアテニス選手権大会(U14・U12)兼 ダンロップ 全日本ジュニアテニス選手権'19 supported by NISSHINBO 北信越地区予選大会」(石川県能美市・辰口丘陵公園テニスコート/7月13~17日/砂入り人工芝コート)が開催され、12歳以下の優勝者が出揃った。

 男子シングルス決勝は第2シードの角谷亮(石川/GETT)が第3シードの横堀陽太郎(新潟/JSSジャンボITS)を6-3 7-5で、女子シングルス決勝は第6シードの土田映海(新潟/上越グリーンITS)が第1シードの上田晴菜(富山/大林TS)を6-2 6-1で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は天谷俊介/河中葉滝(福井:FUKUI. JTT/北陸中学校)が第1シードの横堀/ 犬井輝(新潟/T&S新発田ITS)を6-2 6-4で、女子ダブルス決勝は第1シードの奥出彩帆/関内優衣(福井:今立TC/SASC)が第2シードの植月ゆず香/植月莉乃香(長野:エースTC)を6-4 6-7(12) [10-7]で倒してタイトルを獲得した。

2019年全日本ジュニア地区大会|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果|12歳以下

男子シングルス決勝

○32角谷亮(石川/GETT)[2] 6-3 7-5 ●9横堀陽太郎(新潟/JSSジャンボITS)[3]

男子シングルス準決勝

○9横堀陽太郎(新潟/JSSジャンボITS)[3] 6-2 6-1 ●1天谷俊介(福井/FUKUI. JTT)[1]

○32角谷亮(石川/GETT)[2] 6-0 6-2 ●24川西飛生(石川/TEAM KIT)[4]

男子シングルス準々決勝

○1天谷俊介(福井/FUKUI. JTT)[1] 6-2 6-4 ●5辻本悠嗣(石川/GETT)

○9横堀陽太郎(新潟/JSSジャンボITS)[3] 6-4 6-1 ●16中山智裕(石川/津幡ジュニア)[5]

○24川西飛生(石川/TEAM KIT)[4] 6-2 6-2 ●20大越楓真(長野/エムスタイルTA)

○32角谷亮(石川/GETT)[2] 6-0 6-2 ●25原山将豪(長野/エムスタイルTA)[7]

女子シングルス決勝

○17土田映海(新潟/上越グリーンITS)[6] 6-2 6-1 ●1上田晴菜(富山/大林TS)[1]

女子シングルス準決勝

○1上田晴菜(富山/大林TS)[1] 6-2 6-2 ●9植月ゆず香(長野/エースTC)[4]

○17土田映海(新潟/上越グリーンITS)[6] 6-2 6-4 ●26徳本芙優(福井/SASC)

女子シングルス準々決勝

○1上田晴菜(富山/大林TS)[1] 2-6 6-2 7-5 ●8丸山唯(長野/荒神山TS)[5]

○9植月ゆず香(長野/エースTC)[4] 6-2 6-1 ●14宮澤福奈(長野/m&m JTA)

○17土田映海(新潟/上越グリーンITS)[6] 5-7 6-2 6-4 ●22山田涼楓(長野/荒神山TS)

○26徳本芙優(福井/SASC)6-1 6-4 ●29高橋そら(長野/エムスタイルTA)

男子ダブルス決勝

○15天谷俊介/河中葉滝(福井:FUKUI. JTT/北陸中学校)6-2 6-4 ●1横堀陽太郎/ 犬井輝(新潟:JSSジャンボITS/T&S新発田ITS)[1]

男子ダブルス準決勝

○1横堀陽太郎/ 犬井輝(新潟:JSSジャンボITS/T&S新発田ITS)[1] 6-0 6-2 ●6山田航大/西窪快(長野:荒神山TS/team HERO)

○15天谷俊介/河中葉滝(福井:FUKUI. JTT/北陸中学校)6-1 6-4 ●12川西飛生/源拓真(石川:TEAM KIT)[3]

女子ダブルス決勝

○1奥出彩帆/関内優衣(福井:今立TC/SASC)[1] 6-4 6-7(12) [10-7] ●16植月ゆず香/植月莉乃香(長野:エースTC)[2]

女子ダブルス準決勝

○1奥出彩帆/関内優衣(福井:今立TC/SASC)[1] 6-2 6-2 ●5丸山唯/岡本あずさ(長野:荒神山TS/エムスタイルTA)[3]

○16植月ゆず香/植月莉乃香(長野:エースTC)[2] 不戦勝 ●12上田晴菜/瀬知いずみ(富山:大林TS)[3]

※写真は左から14歳以下女子シングルス優勝の清水瑠愛(福井/FUKUI. JTT)、12歳以下女子シングルス優勝の土田映海(新潟/上越グリーンITS)、14歳以下男子シングルス優勝の村上稜真(石川/GETT)、12歳以下男子シングルス優勝の角谷亮(石川/GETT)
写真提供◎石川県テニス協会

This article is a sponsored article by
''.