ATPツアー公式戦の「プラバ・ラグナ・クロアチア・オープン・ウマグ」(ATP250/クロアチア・ウマグ/7月15~21日/賞金総額58万6140ユーロ/クレーコート)のシングルス準々決勝が行われ、第3シードのラスロ・ジェレ(セルビア)、第4シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)、予選勝者のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)とアッティラ・バラージュ(ハンガリー)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 ジェレが第8シードのレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を6-4 6-7(6) 6-3で、ラヨビッチがアルヤズ・ベデネ(スロベニア)を5-7 6-3 6-3で、カルーゾがファクンド・バグニス(アルゼンチン)を6-4 6-0で、バラージュはステファノ・トラバグリア(イタリア)を3-6 7-6(2) 6-3で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、ジェレがバラージュと、ラヨビッチはカルーゾと対戦する。

※写真はフレンチ・オープンでのラスロ・ジェレ(セルビア)
PARIS, FRANCE - MAY 31: Laso Djere of Serbia plays a forehand during his mens singles third round match against Kei Nishikori of Japan during Day six of the 2019 French Open at Roland Garros on May 31, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.