今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第5シードのダニール・メドベデフ(ロシア)が対戦。第1セットを7-5で先取したナダルが第2セットも6-3で奪い、2年ぶりの王座返り咲きに王手をかけた。

 両者の過去の対戦成績は、1勝0敗でナダルがリード。ふたりは4週間前にモントリオール(ATP1000/ハードコート)の決勝で初対戦しており、ナダルが6-3 6-0で勝って35回目のマスターズ制覇を果たした。

USオープン2019|トーナメント表

 全米に5年連続15回目の出場となる33歳のナダルは、これまでに3度(2010年、13年、17年)タイトルを獲得。ディフェンディング・チャンピオンとして臨んだ昨年は、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)との準決勝を膝の故障で途中棄権していた。

 グランドスラムに12大会連続出場となる23歳のメドベデフは、今年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でのベスト16がこれまでの最高成績だった。

 前哨戦の北米ハードコート大会でのメドベデフは、ワシントンDC(ATP500)から3大会連続で決勝に進出。シンシナティ(ATP1000)でマスターズ初制覇を成し遂げ、世界ランク自己最高の5位で今大会を迎えている。

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 08: Rafael Nadal of Spain returns a shot during the second set of his Men's Singles final match against Daniil Medvedev of Russia on day fourteen of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 08, 2019 in the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.