•  ATPツアー下部大会の「済南オープン「」(チャレンジャー125/中国・山東省済南/9月2~8日/賞金総額16万2480ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第7シードの添田豪(GODAI)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジャン・ジージェン(中国)に5-7 6-2 4-6で競り負けた。試合時間は1時間57分。

     大会中に35歳の誕生日を迎えた添田がチャレンジャー大会で決勝に進出したのは、2017年5月のプサン(15万ドル/ハードコート)以来だった。

     今大会での添田は、初戦となった2回戦をゴンサロ・オリベイラ(ポルトガル)の途中棄権で勝ち上がり、3回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のウー・ディ(中国)を6-2 6-1で、準々決勝で第1シードのプラジュネシュ・グネスワラン(インド)を7-6(2) 3-6 6-3で、準決勝では第11シードの5エンリケ・ロペス ペレス(スペイン)を4-6 7-6(3) 6-2で破って決勝進出を決めていた。

    2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

    日本人選手の結果

    シングルス決勝

    ●16添田豪(GODAI)[7] 5-7 6-2 4-6 ○35ジャン・ジージェン(中国)[WC]

    シングルス準決勝

    ○16添田豪(GODAI)[7] 4-6 7-6(3) 6-2 ●25エンリケ・ロペス ペレス(スペイン)[11]

    シングルス準々決勝

    ○16添田豪(GODAI)[7] 7-6(2) 3-6 6-3 ●1プラジュネシュ・グネスワラン(インド)[1]

    シングルス3回戦

    ●49伊藤竜馬(北日本物産)[5] 5-7 3-6 ○53ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)

    ○16添田豪(GODAI)[7] 6-2 6-1 ●11ウー・ディ(中国)[WC]

    シングルス2回戦

    ○49伊藤竜馬(北日本物産)[5] 6-4 6-0 ●51バティスト・クレパッテ(フランス)

    ●32内山靖崇(北日本物産)[6] 6-4 6-7(4) 0-6 ○30ジェームズ・ワード(イギリス)

    ○16添田豪(GODAI)[7] 6-3 1-0 Ret. ●14ゴンサロ・オリベイラ(ポルトガル)

    ●9守屋宏紀(北日本物産)[10] 3-6 5-7 ○11ウー・ディ(中国)[WC]

    ●28内田海智(富士薬品)6-7(4) 3-6 ○25エンリケ・ロペス ペレス(スペイン)[11]

    ●60関口周一(Team REC)1-6 2-6 ○57アキラ・サンティラン(オーストラリア)[16]

    ●4徳田廉大(イカイ)[Q] 2-6 2-6 ○1プラジュネシュ・グネスワラン(インド)[1]

    シングルス1回戦

    ○28内田海智(富士薬品)6-2 6-4 ●27チョン・ユンソン(韓国)

    ○60関口周一(Team REC)6-3 6-3 ●59サシ クマール・ムクンド(インド)

    ●37今井慎太郎(イカイ)5-7 6-4 2-6 ○38ツェン・チュンシン(台湾)

    ○4徳田廉大(イカイ)[Q] 3-6 7-5 6-3 ●3タク クン・ワン(フランス)

    ダブルス準々決勝

    ●8守屋宏紀/ゴンサロ・オリベイラ(北日本物産/ポルトガル)5-7 2-6 ○5サケット・ミネニ/ジーヴァン・ネドゥンチェリヤン(インド)

    ダブルス1回戦

    ○8守屋宏紀/ゴンサロ・オリベイラ(北日本物産/ポルトガル)3-6 7-6(2) [10-7] ●7N.スリラム・バラジ/ビシュヌ・バルドゥハン(インド)

    ●6今井慎太郎/松井俊英(イカイ/ASIA PARTNERSHIP FUND)4-6 3-6 ○5サケット・ミネニ/ジーヴァン・ネドゥンチェリヤン(インド)

    ※写真は昨年のオーストラリアン・オープンでの添田豪(GODAI)
    撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

    This article is a sponsored article by
    ''.