•  国内開催のWTAツアー公式戦「花キューピット・ジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」(広島県広島市・広域公園テニスコート/本戦9月9~15日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦残り11試合とダブルス1回戦2試合が行われた。

     シングルスのシード勢は、前年覇者で第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)、第7シードのサラ・ソリベス トルモ(スペイン)、第8シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)が勝ち上がったが、第4シードのアナスタシア・ポタポワ(ロシア)と第5シードのタチアナ・マリア(ドイツ)は敗れた。

     日本勢は6人が初戦に臨み、土居美咲(ミキハウス)、日比野菜緒(ブラス)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した奈良くるみ(安藤証券)の3人が2回戦に駒を進めた。

     ダブルスでは、ヘイリー・カーター(アメリカ)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)がチェ・ジヒ/ハン・ナレ(ともに韓国)を6-4 6-2で、イザリン・ボナボントゥー/グリート・ミネン(ともにベルギー)はワイルドカード(主催者推薦枠)の林恵里奈(福井県スポーツ協会)/内島萌夏(フリー)を7-6(5) 6-7(10) [10-7]で破り、それぞれ初戦を突破した。

     花キューピット・ジャパンウイメンズオープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

     9月11日(水)は11時30分から、シングルス2回戦4試合とダブルス1回戦残り4試合が行われる予定。

    花キューピット・ジャパンウイメンズオープン2019|トーナメント表

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

    シングルス1回戦

    ○1シェイ・スーウェイ(台湾)[1] 6-1 3-6 6-3 ●2尾﨑里紗(日本/江崎グリコ)[WC]

    ○6日比野菜緒(日本/ブラス)6-7(2) 7-6(5) 7-5 ●5レイラ・フェルナンデス(カナダ)[Q]

    ○13ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)6-1 6-4 ●14ビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)[Q]

    ○15奈良くるみ(日本/安藤証券)[WC] 6-4 6-4 ●16タチアナ・マリア(ドイツ)[5]

    ------

    ○17サラ・ソリベス トルモ(スペイン)[7] 6-2 3-6 6-2 ●18ソラナ・シルステア(ルーマニア)

    ○19バルバラ・フリンク(ロシア)6-3 6-2 ●20クリスティーナ・クコバ(スロバキア)

    ○21土居美咲(日本/ミキハウス)4-6 7-5 6-2 ●22波形純理(日本/伊予銀行)[Q]

    ------

    ○23ゾーイ・ハイブス(オーストラリア)[Q] 6-7(4) 6-4 6-4 ●24アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[4]

    ○25ラウラ・シグムンド(ドイツ)[8] 6-4 6-1 ●26バレリア・サビンキ(ロシア)[Q]

    ○27パトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)[Q] 6-4 6-2 ●28清水綾乃(日本/Club MASA)[WC]

    ○29クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)6-2 6-4 ●30グリート・ミネン(ベルギー)

    ダブルス1回戦

    ○9ヘイリー・カーター/柴原瑛菜(アメリカ/橋本総業ホールディングス)6-4 6-2 ●10チェ・ジヒ/ハン・ナレ(韓国)

    ○13イザリン・ボナボントゥー/グリート・ミネン(ベルギー)7-6(5) 6-7(10) [10-7] ●14林恵里奈/内島萌夏(福井県スポーツ協会/フリー)[WC]

    写真◎BBM

    This article is a sponsored article by
    ''.