ATPツアー下部大会の「Road to the ロレックス上海マスターズ」(チャレンジャー90/中国・上海/9月9~15日/賞金総額8万1240ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第4シードの内山靖崇(北日本物産)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したウー・ディ(中国)を6-4 7-6(4)で倒し、今季初優勝を飾った。試合時間は1時間17分。

 今大会での内山は、初戦となった2回戦でアルジュン・カデ(インド)を7-6(4) 6-3で、3回戦で関口周一(Team REC)を6-4 6-3で下し、準々決勝は第7シードのアンドリュー・ハリス(オーストラリア)の途中棄権で勝ち上がり、準決勝では第1シードのプラジュネシュ・グネスワラン(インド)を7-6(7) 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は総勢12人が出場し、第3シードの杉田祐一(三菱電機)がベスト4、第8シードの守屋宏紀(北日本物産)は8強入りを果たした。

2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、PRはプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)、Ret.は途中棄権

日本人選手の結果

シングルス決勝

○17内山靖崇(北日本物産)[4] 6-4 7-6(4) ●51ウー・ディ(中国)[WC]

シングルス準決勝

●48杉田祐一(三菱電機)[3] 4-6 6-7(2) ○51ウー・ディ(中国)[WC]

○17内山靖崇(北日本物産)[4] 7-6(7) 6-4 ●1プラジュネシュ・グネスワラン(インド)[1]

シングルス準々決勝

○48杉田祐一(三菱電機)[3] 6-4 7-6(3) ●40エンリケ・ロペス ペレス(スペイン)[9]

○17内山靖崇(北日本物産)[4] 7-6(1) 2-1 Ret. ●32アンドリュー・ハリス(オーストラリア)[7]

●16守屋宏紀(北日本物産)[8] 4-6 4-6 ○1プラジュネシュ・グネスワラン(インド)[1]

シングルス3回戦

●64伊藤竜馬(北日本物産)[2] 3-6 6-7(4) ○59コリン・アルタミラノ(アメリカ)

○48杉田祐一(三菱電機)[3] 7-6(2) 6-3 ●41内田海智(富士薬品)[15]

○17内山靖崇(北日本物産)[4] 6-4 6-3 ●22関口周一(Team REC)

○16守屋宏紀(北日本物産)[8] 4-6 7-6(2) 6-1 ●9マックス・パーセル(オーストラリア)[10]

シングルス2回戦

○64伊藤竜馬(北日本物産)[2] 6-4 6-4 ●61サシ クマール・ムクンド(インド)

○48杉田祐一(三菱電機)[3] 6-3 6-3 ●46ハリー・ボーシェ(オーストラリア)

○17内山靖崇(北日本物産)[4] 7-6(4) 6-3 ●19アルジュン・カデ(インド)

○16守屋宏紀(北日本物産)[8] 6-2 5-7 6-2 ●14スン・ファジン(中国)

○41内田海智(富士薬品)[15] 4-6 7-6(8) 6-0 ●44高橋悠介(三菱電機)

○22関口周一(Team REC)4-6 6-3 7-6(4) ●24サケット・ミネニ(インド)[13]

●38山﨑純平(日清紡ホールディングス)4-6 6-3 2-6 ○40エンリケ・ロペス ペレス(スペイン)[9]

●30越智真(江崎グリコ)6-4 2-6 6-7(5) ○32アンドリュー・ハリス(オーストラリア)[7]

シングルス1回戦

○22関口周一(Team REC)3-6 6-1 6-1 ●21ジェイコブ・グリルズ(オーストラリア)

●20今井慎太郎(イカイ)6-7(2) 3-6 ○19アルジュン・カデ(インド)

●4徳田廉大(イカイ)3-6 4-6 ○3ジェームズ・ワード(イギリス)

○38山﨑純平(日清紡ホールディングス)6-3 6-2 ●37西脇一樹(SYSテニスクラブ)[Q]

○44高橋悠介(三菱電機)6-4 6-4 ●43ワン・チュハン(中国)[Q]

○30越智真(江崎グリコ)6-4 6-2 ●29ミリアーン・ニーステン(オランダ)[PR]

ダブルス準決勝

●2ゴンサロ・オリベイラ/内山靖崇(ポルトガル/北日本物産)6-7(5) 6-3 [7-10] ○8ガオ・シン/スン・ファジン(中国)[WC]

ダブルス準々決勝

○2ゴンサロ・オリベイラ/内山靖崇(ポルトガル/北日本物産)7-6(1) 6-3 ●4N.スリラム・バラジ/ビシュヌ・バルドゥハン(インド)

●13ジョン ポール・フルッテロ/松井俊英(アメリカ/ASIA PARTNERSHIP FUND)6-7(2) 3-6 ○16サケット・ミネニ/ディビジ・シャラン(インド)[2]

ダブルス1回戦

○2ゴンサロ・オリベイラ/内山靖崇(ポルトガル/北日本物産)6-3 6-7(5) [10-6] ●1マックス・パーセル/ルーク・サビル(オーストラリア)[1]

○13ジョン ポール・フルッテロ/松井俊英(アメリカ/ASIA PARTNERSHIP FUND)6-4 6-4 ●14アンドリュー・ハリス/アキラ・サンティラン(オーストラリア)

●10関口周一/杉田祐一(Team REC/三菱電機)4-6 4-6 ○9マーク・ポールマンス/スコット・ポウドジウナス(オーストラリア)

※写真はブリスベンの大会での内山靖崇(北日本物産)
BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 03: Yasutaka Uchiyama of Japan plays a backhand in his match against Jeremy Chardy of France during day five of the 2019 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 03, 2019 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.