ベースボール・マガジン社の本

マルチアングル戦術図解
テニスの戦い方
7本目までに決着をつける攻撃
丸山淳一 著

2019年 9月19日発売予定
B5判オールカラー144頁/本体 1800円+税
ベースボール・マガジン社刊

現代テニスの戦い方が一冊に!

立体的なビジュアルで、よくわかる書籍が完成

 プロテニスコーチとして27年のキャリアを誇る著者、丸山淳一コーチが、最前線を知るからこその、現代テニスの戦い方を詳しく解説した本が完成した。

 大切なのは、〈7本目までにいかに決着をつけるか〉。サービスからならどうするか、リターンからならどうするか、その戦術をシングルス、ダブルスともに紹介している。
 

 戦術というと、ちょっと難しいイメージがあるかもしれないが、心配はいらない。この本では、立体的な図版を使い、徹底的にわかりやすい見せ方を追求している。また、一つの局面をさまざまな角度から紹介。例えばサーバーの視点ではこう見えるが、そのときレシーバーの視点ではこう見える、といったことが、直感的にわかる。レベルを問わず、中高生から指導者まで、誰にでも役立つ一冊だ。

 内容の一部を紹介しよう。

画像2: マルチアングル戦術図解『テニスの戦い方〜7本目までに決着をつける攻撃』(丸山淳一 著)テニス新刊 9月19日発売!

 これは、シングルスのレシーバーのポジションについて解説している。いろいろなアングルからの図を見ることで、ポジショニングの「なぜ?」を解決できる。

画像3: マルチアングル戦術図解『テニスの戦い方〜7本目までに決着をつける攻撃』(丸山淳一 著)テニス新刊 9月19日発売!

 こちらは、ダブルスのアイ・フォーメーションについて。レシーバーが安全に返せるコースがほとんどないことが、視覚的に理解できる。

 レベルアップの教科書として、観戦のお供として、最高の一冊。手に取れば、最先端のテニスの戦い方を実感できることうけあいだ。

本書の主な内容

第1章 7本目までに決着をつける
第2章 ファーストサービスからの戦術
第3章 セカンドサービスからの戦術
第4章 リターンからの戦術
第5章 ニュートラルな状況から、いかに7本目につなげるか
第6章 ダブルス:サービスからの戦術
第7章 ダブルス:リターンからの戦術

著者プロフィール

画像: 著者プロフィール

丸山淳一(まるやま・じゅんいち)
1965年生まれ。東京都出身。元デビスカップ代表。89、90、95年全日本選手権複ベスト4、95、96年全日本選手権混合優勝。現役引退後は指導者として、フェドカップ代表チーム、シドニーオリンピックの代表コーチも務めた。現在は森田あゆみプロ、内藤祐希プロ、早稲田大学テニス部のコーチを務めている

This article is a sponsored article by
''.