WTAツアー公式戦の「オーバーエスターライヒ・レディース・リンツ」(オーストリア・リンツ/10月7~13日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)の予選決勝で、第1シードの土居美咲(ミキハウス)が第11シードのジャスミン・パオリーニ(イタリア)を4-6 6-2 6-3で破り、本戦入りを決めた。試合時間は2時間4分。

 今大会に3年ぶり3度目の出場となる28歳の土居は、2016年の2回戦進出がこれまでの最高成績。1回戦の対戦相手は、第1シードのキキ・バーテンズ(オランダ)に決まった。

 そのほかの日本勢は二宮真琴(エディオン)がアンナ・ブリンコワ(ロシア)とのペアでダブルスに第4シードで出場しており、初戦の対戦相手はマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)/オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)となっている。

2019年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 オーバーエスターライヒ・レディース・リンツはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

予選結果|日本人選手

予選決勝

○1土居美咲(日本/ミキハウス)[1] 4-6 6-2 6-3 ●4ジャスミン・パオリーニ(イタリア)[11]

予選1回戦

○1土居美咲(日本/ミキハウス)[1] 6-3 3-6 6-1 ●2メラニー・クラフナー(オーストリア)[WC]

上位出場選手シード順位|シングルス

キキ・バーテンズ(オランダ)[1/WC]
ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[2]
アナスタシア・セバストワ(ラトビア)[3]※右肩の故障で欠場
ドナ・ベキッチ(クロアチア)[4]

※写真はUSオープンでの土居美咲(ミキハウス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.