日本テニス協会(JTA)が主催する「三菱全日本テニス選手権 94th」(賞金総額2874万円/本戦10月26日~11月3日/東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦6日目は、男子シングルス3回戦と女子シングルス準々決勝および男女ダブルス準々決勝と混合ダブルス準決勝が行われた。

 男子シングルスは、第2シードの今井慎太郎(イカイ)が第13シードの羽澤慎治(慶應義塾大学)を6-2 4-6 6-2で、第6シードの野口莉央(明治安田生命)は第9シードの越智真(江崎グリコ)を5-7 7-6(6) 6-0で破り、ベスト8が出揃った。

 女子シングルスでは、第4シードの加治遥(島津製作所)、第5シードの本玉真唯(島津製作所)、第16シードの秋田史帆(橋本総業ホールディングス)、森崎可南子(橋本総業ホールディングス)がベスト4に進出。準決勝では、加治が秋田と、本玉は森崎と対戦する。

 全日本テニス選手権は男女シングルス各48ドロー、男女ダブルス各28ドロー、ミックスダブルス8ドローで争われる。

 11月1日(金)は10時00分から男子シングルス準々決勝と女子シングルス準決勝および男子ダブルス準々決勝と女子ダブルス準決勝、コロシアムの最終試合で混合ダブルス決勝が行われる予定。

三菱全日本テニス選手権 94th|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

コロシアム

第1試合|女子シングルス準々決勝

○48加治遥(島津製作所)[4] 4-6 6-1 6-2 ●35清水映里(早稲田大学)[Q]

第2試合|男子シングルス3回戦

○64今井慎太郎(イカイ)[2] 6-2 4-6 6-2 ●57羽澤慎治(慶應義塾大学)[13]

第3試合|女子シングルス準々決勝

○32本玉真唯(島津製作所)[5] 6-3 3-6 6-3 ●17内藤祐希(亀田製菓)[3]

第4試合|男子ダブルス準々決勝

○11小野田賢/松﨑勇太郎(フリー/イカイ)3-6 6-3 6-4 ●16河内一真/竹内研人(トップラン/橋本総業ホールディングス)[5]

第5試合|混合ダブルス準決勝

○8清水悠太/小堀桃子(三菱電機/橋本総業ホールディングス)[2] 6-4 6-3 ●5田中優之介/清水映里(早稲田大学)[WC]

ショーコート1

第1試合|女子シングルス準々決勝

○5森崎可南子(橋本総業ホールディングス)6-3 7-6(8) ●9華谷和生(三浦工業)[11]

第2試合|男子シングルス3回戦

○49野口莉央(明治安田生命)[6] 5-7 7-6(6) 6-0 ●56越智真(江崎グリコ)[9]

第3試合|混合ダブルス準決勝

○2坂井勇仁/森崎可南子(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)6-7(6) 6-4 [10-4] ●3片山翔/澤柳璃子(伊予銀行/リンクス・エステート)

ショーコート2

第1試合|女子シングルス準々決勝

○57秋田史帆(橋本総業ホールディングス)[16] 6-1 6-4 ●51宮崎百合子(JITC)

第2試合|女子ダブルス準々決勝

○11下地奈緒/吉岡希紗(早稲田大学)[WC] 3-2 Ret. ●14梶谷桜舞/清水映里(ロブテニスアカデミー/早稲田大学)

第3試合|女子ダブルス準々決勝

○1加治遥/波形純理(島津製作所/伊予銀行)[1] 6-1 6-1 ●8西郷幸奈/西郷里奈(フリー/TEAM 自由が丘)[6]

画像: 試合後に握手を交わす野口莉央(明治安田生命/左)と越智真(江崎グリコ/右)(撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA)

試合後に握手を交わす野口莉央(明治安田生命/左)と越智真(江崎グリコ/右)(撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA)

※トップ写真は本玉真唯(島津製作所)
撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA


This article is a sponsored article by
''.