ITF(国際テニス連盟)のジュニア公式戦「BRIDGESTONE TECNIFIBRE TOUR 2019 ITF」(ITFグレード5/山梨県北杜市・クラブヴェルデ/本戦11月27日~12月1日/クレーコート)が開催され、各種目の優勝者が出揃った。

 男子シングルス決勝は第1シードの手嶋海陽(日本)が第3シードの上野山大洋(日本)を6-1 6-0で下し、前週の茅ケ崎(ITFグレード5/砂入り人工芝コート)に続いて優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は、青木一晟/渡辺莞(ともに日本)が第3シードの小泉熙毅/堤隆貴(ともに日本)を6-7(7) 6-4 [10-5]で倒してノーシードからタイトルを獲得した。

2019年国内国際ジュニア大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Ret.は途中棄権

上位の試合結果|男子

男子シングルス決勝

○1手嶋海陽(日本)[1] 6-1 6-0 ●24上野山大洋(日本)[3]

男子シングルス準決勝

○1手嶋海陽(日本)[1] 6-0 6-0 ●9三好健太(日本)[4]

○24上野山大洋(日本)[3] 6-2 6-4 ●30ジョーンズ怜音(日本)

男子シングルス準々決勝

○1手嶋海陽(日本)[1] 6-3 6-2 ●5Shuannon TRICERRI(オーストラリア)

○9三好健太(日本)[4] 6-1 2-1 Ret. ●15松岡隼(日本)[WC]

○24上野山大洋(日本)[3] 6-1 6-3 ●17金田諒大(日本)[5]

○30ジョーンズ怜音(日本)6-2 6-4 ●28宮田陸(日本)

男子ダブルス決勝

○4青木一晟/渡辺莞(日本)6-7(7) 6-4 [10-5] ●12小泉熙毅/堤隆貴(日本)[3]

男子ダブルス準決勝

○4青木一晟/渡辺莞(日本)7-6(4) 6-4 ●8ジョーンズ怜音/森田皐介(日本)

○12小泉熙毅/堤隆貴(日本)[3] 6-2 4-6 [10-7] ●16北昇馬/手嶋海陽(日本)[2]

画像: (右から)男子ダブルス優勝の青木一晟(日本)、渡辺莞(日本)、準優勝の小泉熙毅(日本)、堤隆貴(日本)(写真提供◎SPORTS SUNRISE .COM)

(右から)男子ダブルス優勝の青木一晟(日本)、渡辺莞(日本)、準優勝の小泉熙毅(日本)、堤隆貴(日本)(写真提供◎SPORTS SUNRISE .COM)

※トップ写真は男子シングルス優勝の手嶋海陽(日本/左)と準優勝の上野山大洋(日本/右)
写真提供◎SPORTS SUNRISE .COM

This article is a sponsored article by
''.